愛知県蒲郡市の緑に囲まれた場所にひっそりと佇むお店『ツバメ舎』。くらしに寄り添う雑貨や服を並べています。
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
東京へ。
 なんだか、久しぶりの更新な気がします。今日は晴れたり
雨が降ったり、ちょっと変なお天気です。

ワタクシゴトですが、ようやくいろいろな区切りがついてホッ
としているところです。ツバメ舎を立ち上げようとしてから、
なぜかいろんな役が回ってきて、ものすごくハードな1年
でした。重なる時は重なるものなのですね。
それが、先日の日曜日に全て終わり、やっと肩の荷が下りた
感じです。
1つずつ大事な役目から開放される度にホッとして、今年に
なってから体調を崩してしまうことが増えました。気付かない
うちに、気を張ってたんでしょうね。多分、私の人生の中で最も
忙しく、最も大変な1年でした。でも、なんとか乗り越えられた。
それは当然、周りの人のおかげなのですが、珍しく、自分でも
“よくやったね!!”と自分を褒めてあげたい気分です。

そんな訳で、今まで土日にお店を開けることができず、お客様
にはご迷惑をお掛けしていたのですが、4月より土曜日も営業
させて頂くことにしました。4月からは日・月休みとさせて頂き
ます。(ただ、時々は学校行事や出張でお休みが変わることが
あると思いますので、HPのnewsをチェックして頂けたら・・・と
思います。)どうぞ宜しくお願い致します。
*4月のカレンダー、upしました。

さてさて。
26・27日と久しぶりに東京へ出張して来ました。春休みだから、
東京はどこへ行っても人がいっぱいでした。
最初に、タカハシナオさんのアトリエにお邪魔しました。

想像していた通り、とーっても素敵でした。タカハシナオさんの
お人柄も、おうちもアトリエも全部!!お取引させて頂いたお礼
を、ちゃんとお会いしてお伝えすることができ、嬉しかった。

今の季節にぴったりな、きれいなサクラ色のバッグが並んで
いました。生地サンプルをいただいてきたので、興味のある
方はぜひ見にいらしてください。
居心地の良い空間で、おいしいお茶をいただきながら、お庭
の話などで盛り上がり、すっかり長居をしてしまいました。笑
本当にありがとうございました。

その後、たまプラーザで催されている渡邊浩幸さんの企画展へ
足を運びました。

やっぱり、いい!!いつかツバメ舎でも渡邊浩幸さんの企画展が
できたらいいな・・・。

それから国立へ。chiclin et mitsou展に行きました。

mitsouさんには、ツバメ舎のHPのイラストをお願いしたのが
きっかけで、ポストカードのお取り扱いをさせて頂いています。
イラストレーターとしてのご活躍はもちろん、かわいい鍋つかみ
やハンカチの刺繍、バッグなども作られています。私はお店を
立ち上げるずっと前からmitsouさんの作品の大ファン。数年
前に買ったバッグやポーチを今も大事に使っています。
だけど、直接ご本人とお会いするのは初めてで、すごく嬉しく
なりました!!mitsouさんはとっても柔らかい、優しい雰囲気の
素敵な方でした。

chiclinのお洋服も、本当に素敵で、3・4枚持っているけれど、
雰囲気も着心地も秀逸です。袖を通した瞬間に惚れてしまった
(笑)コートを買いました。オススメです!!

そして27日はいつもお世話になっているmaillotの展示会。

いろんなカタチ、いろんな白のシャツが並んでました。maillot
の白いシャツはツバメ舎でも大人気。一見、普通に見えるのに
よーく見ると細部にわたりこだわりが。それぞれ欲しくなって
しまいます。

初めて、mailloのベレエ帽も。これが、すごく被りやすくてビックリ!
ベレエ帽好きでいろいろな種類のベレエを持っているけれど、
その中のどれよりも被りやすく、とってもかわいかったです。

たくさん歩いて、たくさん素敵な人に会って、充実した出張でした。

そして今日。
1ヶ月先に送ったイベントのDMを間違えて、3/28今日が最終日
だと勘違いした友人が、朝から“おめでとう!!”と、駆けつけて
くれました。笑
その気持ちが嬉しかった。忙しい中、わざわざありがとね。

BIRDS WORDSから、かわいい鳥のブローチが届いています。



今日、早速 ニットにブローチをつけてお店に立ったら、
「かわいい!!」と、何羽かの鳥がお客様のもとへ飛び立って
行きました。

バッグに付けてもかわいいです。
2100yen。


みちのくあかね会。
 今日は定休日でしたが、名古屋で「みちのくあかね会」の展示会が
あるため、朝から車を飛ばしました。

高速に乗るまでの道程、ゆっくり車を走らせていると、あちこちにコスモス畑
が・・・。赤やピンクや白のコスモスが風に揺れて、とてもきれいでした。


「みちのくあかね会」
明治時代に英国人宣教師によって伝えられたというホームスパンは、
羊毛を染め、手紡ぎした糸で織る毛織物。機械による大量生産が多いなか、
みちのくあかね会は、毛を紡ぎ出した縦糸・横糸を一つ一つ手で織っていく
本来の手作り品にこだわっています。現在、産業として行われているのは、
世界でも岩手のみ。
盛岡女性の優しくも逞しい母の手が紡ぎ出すぬくもりが今も息づいています。

「みちのくあかね会」という名前もなんだか印象的で、数年前に私もちいさな
マフラーを購入しました。全然ちくちくしなくって、肌触りが良くて、使い易くて
どこか懐かしい感じのする雰囲気がとても好きです。
その良さを、ツバメ舎のお客様にも伝えたいと思います。

11月の中旬頃には入荷する予定です。
お取引させてもらえることになり、とっても嬉しい!!


冬のダーク(黒・グレー・茶色)なお洋服にも合うように、挿し色として使ってもらえる
ように、ツバメ舎に合うように、あれこれ悩みましたがこの色をオーダーしてきました。
お店に届く日をお楽しみに!

展示会の後、お腹が空いたので久しぶりにPECORI食堂へ。


旬の食材を使った美味しい料理が食べられるって幸せ。

さて。
明日は金曜日です。3回目の“Nuit d ’avaler-アキノヨナガ”。
時間を間違えませんように。


入荷した翌日には売れてしまう市場かごのS・SSも届きました。
MはもうSold out!
欲しい方はお早めに。

では、また明日。
maillot 2012/spring&summer!
 昨日は、ほぼひと月振りの東京出張でした。
いつもお店で大人気の、maillot2012年春夏物の展示会に
行く為。
場所は中目黒。東京もこちらと同じ、今の時期 どこかを
歩く度にフッと香ってくる金木犀の香り。秋だなぁ・・・と思います。


相変わらず、しっかり作られていて、しかもかわいい。だけど
シンプルだから長く着ることができます。
ビッグギンガムもいい!!


スタンドカラーのプルオーバーがかわいかったな。
あと、生地がとても雰囲気のある素敵なシャツもありました。


maillotのボーダーはなんと16色展開!!に。
でも、ツバメ舎はツバメ舎に合うカラーを注文します。
新色の、グレーのボーダーが大好き!!と思いました。


お世話になっているstratoの福田さん。
いい笑顔です!!

maillotは、大阪にあるstratoというところが作っている
ブランドって知ってました?
stratoを知っている人の方が多いかもしれません。
とても楽しそうに仕事をされているなぁ・・・と、こっちまで
楽しくなってしまいます。
誰かが「仕事は面白く、ビジネスで成功するかどうかの鍵は、
結局のところ、仕事を人生最大の遊びにできるかどうかだ。
面白い仕事があるわけではない。仕事を面白くする人間が
いるだけなのだ」と言ったけど、stratoや福田さんやスタッフ
さんたちを見ているとそんな言葉が頭をよぎります。

maillotの良さを、これからもたくさんの人に伝えていけたら
な・・・と思います。

その後は、


同じ東横線の田園調布駅から歩いて10分くらいのところにある
「パテ屋」さんに寄って、レバーペーストなど買って

そこから「夏椿」に寄って


更に、親友と会って帰ってきました。
親友の家ではとっても美味しいキーマカレーなどをご馳走になり、
いい一日でした。
ありがとう!!


東京出張。
 昨日、東京へ行ってきました。ツバメ舎のある蒲郡市は朝晩ほんとに涼しくて、
朝 家を出るときも爽やかなお天気だったのだけど、東京駅に着いて新幹線を
降りると、モワ〜っとした空気。歩いていても、こっちよりとても暑く感じられました。

展示会のあった場所は池袋と目白の中間辺りにある自由学園。
大学の時、目白に住んでいたので懐かしく、目白駅で降りて歩いて自由学園まで
行きました。ちょうど、通り道にかれこれ20年前に住んでいたアパートがあって、
本当に懐かしかった!池袋や新宿を自転車でウロウロしていた青春時代を思い出し
ました。

展示会の名前はstockists exhibition。今注目のブランドやお店が集まります。
来ているバイヤーさんたちも只者ではない感じ!おしゃれ集団。(私以外。)
ツバメ舎がお世話になっているCOWBOOKSさんやBIRDS’WORDSさんも出展
されていたので、ご挨拶も兼ねて新作を見てきました。


他にも素敵だなぁ・・・と思う物がいろいろあって、ご縁があれば、ツバメ舎で紹介でき
たらいいなぁと、思っています。


自由学園の庭、リコンドラのふかふかの緑の絨毯に黄色やオレンジの葉っぱが落ちて
いる様がとても美しかった。

展示会をひと通り回った後、面影橋にある「トリトリノキ」でお昼ごはんを食べました。


静かでとても落ち着いた素敵なお店でした。
アジアンプレートを食べてお腹いっぱいになった後、いつものZAKKAやCINQなどたくさん
歩いて6時33分発の新幹線に乗りました。

家に着いたのは9時近く。
玄関の脇にあるポストを見ると、なにやら小包が。
先日、京都からツバメ舎に来て下さったdimancheさんからでした。


丁寧に書かれたお手紙とジャムが入っていました。早速スプーンですくってペロリ。
甘さがちょうど良くて美味しい!!こんなにブルーベリーの実が入ってていいの??というくらい
ゴロゴロと入っていてビックリ!
今日は本当にいい一日だったなぁ・・・と思いました。
dimancheさん!ありがとう!ごちそうさまでした。

みなさんも楽しみに待っていてくださいね。

MAROBAYAの展示会&collabo#011。
 こんばんは。珍しい時間にblogアップしています。

今日は朝から静岡県の清水区にあるギャラリーで行われている『MAROBAYA』の展示会の
最終日ということで、張り切って行って来ました。
1人電車で揺られて、しかも在来線で。ケチケチです。笑
まだまだ軌道に乗ったとは言えないですから、削るところは削らないと!


『MAROBAYA』はずっと前から私の中で気になる存在でした。“伊勢木綿”を使って服を作って
いるということを知ったとき、気持ち良さそうだなぁ・・・とまず最初に想像しました。年齢を重ねて
いくと、着ていて・使っていて“気持ちがいい”ってどんどん大事になってくるような気がします。

円刃(まろば)とは使い込み刃の丸くなったものを言います。研ぐことにより、新品の時には
なかった味わいや風格を増していく。「道具としての日常着」コンセプトに、素材やスタンダードな
形にこだわった服つくりをしています。



とにかく全てのものが触っていて、着ていて、本当に気持ちよかったです。
MAROBAYAのお二人も、MAROBAYAのものと同様、とても素敵で面白い方たちでした。
暑い中、遠い中だったけど、行ってよかったなぁ・・・と心から思える展示会でした。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
それから、土曜日にまたまた素敵なものが入荷しました。



collabo #011 Aco Inoue Issue。525yen。

すごく素敵なリトルプレスです。紙良し!、写真良し!、記事良し!



井上アコさんのこどもふくのお話や、



ツバメ舎もとってもお世話になっているmuguet du premier mai(ミュゲ・ドゥ・プルミエ・メ)
さんが載っていたり(muguetさんは雑誌の取材を断られていて、このcollaboが初めて
なんだそう。あのmuguetさんが取材を受けるということは、やっぱりかなり素敵なリトルプレス
だと思う!)、私も1度ずいぶん前に行ったことがある、美味しいコーヒー屋さん、本山のmilou(ミル)
が載っていたり、それはそれは充実した内容です。

collaboがフリーペーパー時代のバックナンバーもあります。
ぜひ、のんびり読みにいらしてください。

オシラセ
+明日は月曜日ですが、学校行事のためお休みさせていただきます。勝手ばかりで申し訳ございませんが、どうぞよろしくお願い致します。火曜日お待ちしております!!
クラフトフェアまつもと へ。
 今日は雨が上がってすごい強風。

昨日、どしゃ降りの雨の中、一人でクラフトフェアまつもとに行ってきました。昨年に引き続き2回目。昨年と決定的に違うところは、昨年は「遊び」、今年は完全「仕事モード」。

自称「晴れ女」なのに、ほんとに珍しく雨に降られました。しかもどしゃ降り!!あがたの森公園の歩道は一部川のようになっていました・・・。でも、雨のお陰で渋滞も無く、人も少なくてスイスイ回れたから結果オーライ!

松本駅に着いてから、まずは歩いて三谷龍二さんのお店「10cm」へ。10cmもツバメ舎と同じ、靴を脱いでバブーシュを履いて中に入るというふうになっていて、「同じだ!!」と、やたら親近感が湧きました。

その後、また歩いて「LABORATORIO」へ。それから更に歩いて「tadokorogaro」へ。雨がザーザーに降る中、負けずにどこまでもひたすら歩く根性ある自分が結構好きだったりします。笑



tadokorogaroの田所真理子さんはツバメ舎で扱っている干しりんごのパッケージのイラストも描かれている方。笑顔が素敵で、話し易くて、魅力的な方でした。そして店内は、たくさんの展示会が行われるのも、本当に頷ける素敵な空間でした。田所真理子さんのポストカード、ツバメ舎でご紹介できそうです!

それからまたまた歩いて、やっとあがたの森公園へ。雨のあがたの森もまた風情があります。



事前にお会いする約束をしていたlifart...の西牧さん。ツバメ舎でも大人気のキャンドルを作られている方です。とても若くて雰囲気のある優しい方でした。lifart...のキャンドルが優しい香りなのも納得!お土産に・・・と、美味しいジャムまで頂き、本当にお会いできて嬉しかった。ありがとうございました!!

靴や服、バッグがびしょびしょになりながらも早足ですべてのブースを回りました。もうひとつの大きな目的、織作家の藤原みどりさんにお会いすることも叶いました。ぜひお会いしてお話させて頂きたい!と思っていました。藤原さんはとても素敵な椅子敷きなどを作られます。(今年の“工芸の五月”パンフレットの表紙も藤原さんの作品です。) 藤原さんは作品の通り、シンプルでさりげなくて温かみのある優しい方でした。一つ一つ丁寧に織って作り上げていくものなので、ツバメ舎にサンプルが届くのが今秋、作品が出来上がるのがまだ先になりますが、届くのを楽しみにしていてくださいね。

黙々と歩いている私を見つけて声を掛けてくださったmauveの葵さんのかわいい笑顔に会えたのも
嬉しいことの一つでした。

11時半に松本に着いて、17時のバスに乗って帰る。短時間でとても充実した1日でした。


東京へ。
 29日。新幹線に乗って、東京に行ってきました。2回目の出張です。

今回の目的は千葉の柏市にあるギャラリーでひらかれている岩田圭介・内田鋼一の『白と黒』展に行って、岩田さんに会うこと。もうしばらくお店に慣れてきたら、コーヒーを無料でだそうと思っているので、その時に使うカップを作ってもらえないかお願いしたかったし、新作等の注文もしたかったし、なによりもやっぱり岩田さんにお会いしたかったのです。
で、その岩田さんは物静かな、穏やかな、とても優しい方でした。お別れするときは、わざわざドアを開けて見送ってくださって、感動。
お願いしたカップ・・・6月くらいになる予定です。私もとても楽しみ!!



その後は、上野に戻って、この辺りの気になるお店をたくさん歩いて回ってきました。

まずはitonowa。Pleasure  で美味しいジャムやジンジャーシロップを扱っていることはもちろん知っていますが、実際のお店は行ったことがなかったので、ずっと行ってみたかったのでした。
お昼はここで!と決めていたので、実現してよかった。



玄米カレーセットを食べました。とっても美味しかった。そして、とても素敵なお店と素敵な渋谷さんでした。

itonowaを捜し歩いているときに、目の先のほうに何かを発見!!もしかして、あれがスカイツリー?!・・・初めて見ました。



情緒溢れる下町に、突如として現れた近未来的な建物・・・。なんだかミスマッチというか、違和感を覚えました。「20世紀少年」のセットみたい。

itonowaのあと、「ペリカン」でパンを買おうと思ったのだけど、たくさん歩いて着いたお店のシャッターには「今日は全て完売しました。」と張り紙が・・・。こんなに歩いたのに!!それからまた更に歩いて中川ちえさんの「in-kyo」へ。ちょうど、「コーヒーの日」とかで、中川ちえさんがコーヒーを淹れてくれて、近くにはなぜかhalの後藤由紀子さんがいて、イイダ傘店の展示会もやっていて、たくさんの人で賑わっていました。さすが人気店。来ているお客さんもみんなとてもオシャレでした。



in-kyoをあとにして、ようやく地下鉄に乗って神楽坂へ。学生時代の親友が神楽坂に住んでいたな・・・懐かしさていっぱいになりながら、「ラ・ロンダジル」へ。ここもとっても行ってみたかった!想像以上に雰囲気のある素敵なお店でした。器やカトラリーの並べ方などとても勉強になりました。



東京はほんとによく歩くところです。普段のんびりの私ですが、こういうときの歩きはスゴイんです!笑。