愛知県蒲郡市の緑に囲まれた場所にひっそりと佇むお店『ツバメ舎』。くらしに寄り添う雑貨や服を並べています。
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
glass showcase

古いガラスのショーケースが入荷しました。

このショーケースの面白いところは、内部のブリキのケースが取り外し

できるという点。

ブリキのケースを外すと、いい木肌が現れます。

飾りたい物によってブリキを使ったり、木のまま使ったり。ブリキの

擦れ具合もとてもいい感じ。

元々は菓子ケースとして使われていた物なので、もちろん焼菓子を入れ

ても。

アンティークの白いハンカチやクロスを敷いて使っても素敵です。中に

入れるものによって、様々なディスプレイが楽しめる。このような古い

いいショーケースはなかなか手に入らなくなっています。ぜひ。

 

CANO daypack & yokonaga tote

CANO タカハシナオさんから人気のデイパックとヨコナガトートが

再入荷致しました。

+daypack

beige/ecru×gray

生成り×グレイは落ち着いた感じがありながらも爽やかなイメージ。

ベージュは少し薄い生地で作られているので、軽くて独特なシワ感

があり、ずっと使い続けたら軍モノのリュックみたいになるのでは

ないかな・・・と想像しました。

 

私もCANOのデイパック、愛用しています。2,3泊の旅行や荷物の

多い出張の時など本当に助かっています。どんなお洋服でもコーデ

ィネートしやすいのも魅力の1つ。CANOのデイパックを持ってぜひ、

春の行楽シーズンを楽しんで下さい。もちろん、日常にも!

+yokonaga tote

beige/gray

空きが広くて高さが無いので、バッグの内部を見渡しやすく中の物を

すぐに取り出すことができます。このサイズ感がかわいい。

荷物を多く持つのが好きではない方、お財布と携帯とハンカチだけを

サッと入れて、身軽にお出掛けしたいという方にオススメです。

 

明日はガラスのショーケースをご紹介します。

 


 

shopcard

こんにちは。今日は風も無くて、春らしい陽気です。春休みに入って

お店はのんびり。セヴラックのピアノを聴きながら、ブログを書いて

います。

 

さて。いつも私が通っている美容院Anterieurのショップカードの

デザインのお手伝いをさせて頂きました。ロゴはそのままで、シンプル

だけれど少しインパクトがあるようにエンボス加工にしました。

ロゴの部分には敢えて色は付けず。何事においても”どうだー!!”

みたいなのは好きではありません。Anterieurのオーナーもスタッフも

皆、前に出過ぎず控えめで、周りに対して配慮があって、でもコツコツ

としっかり自分たちのやるべき事を頑張っているところが好きなのだ

けれど、そういう点もこの部分で表現できていたらいいなと思います。

紙のカタチは自分でも何故かわからないけれど、デザインの依頼を

受けた時から細長いヨコナガ!というイメージがありました。

ツバメ舎に来て下さった方には少しずつお渡ししていますが、

いろんな方が「しおりに使えるねー!」と本に挟んでくださって、

これは想定外でした。なんにしても、このショップカードを身近で

愛して頂けたら幸いです。そして、Anterieurは本当にいい美容院

です。美容院ジプシーの方は、そこが終着点になるでしょう。

今回のショップカードも、入稿や印刷会社とのやりとりを永井君に

お手伝いしてもらいました。本当に助かって、有難い限りです。

heureux mariage!

先日、とある酒蔵で行われた結婚パーティーへ。それは、MAICEN

のながっちゃんと永井くんの結婚パーティーでした。

2人の出会いは、ツバメ舎。

ある日、お客さまとして来てくれた2人がたまたまツバメ舎で出会

って、数年後に人生を共にするようになるとは!縁とはほんとうに

不思議なものです。

ここ数年ずっと2人の成り行きを見守ってきた私には、とても感慨

深いパーティーでした。大きなドアが開いて、とびっきりの笑顔で

入場してきた2人の姿を見た時が最も、グッと込み上げる物が有った

瞬間でした。

2人のお洋服。これはMAICENのながっちゃんがデザインし作った

もの。2人らしくシンプルで素朴で、外国の古い映画を観ている

ように素敵でした。

 

2人の未来に幸多からんことを。

 

4月のカレンダー

*数字が営業日です。

+17日・・・root×ツバメ舎 季節のベジごはん会

+19日・・・”patisserie miel” mielさんのケーキの日

      *お持ち帰りのみもOKです。

●どちらも詳細は後日ご連絡させて頂きます。

 

新しい年度の始まり。皆さまにとって素晴らしい1年であり

ますように!

 

publications

掲載して頂きました。

とてもきれいに撮影してくださいました。

お店の部分ではないダイニングや寝室も少しだけ載っています。

私は緊張して目をつぶっています。笑

よろしかったら、本屋さんで覗いてみて下さい。

MAICEN/coaster & handkerchief

届きました。

コースターとハンカチの入荷は初めてです。コースターは2種類。

ちいさくてぷっくりしたものと、少し大きくてピシッとしたもの。

私のイメージでは、あたたかみのある陶器のお湯呑などはぷっくり

とした方へ、シャープで涼しげなガラスのコップなどはピシッと

した方へ。そういうことをあれこれと想像するのもまた楽しいもの

です。

ハンカチはオーガニックコットンを使用。二重になっていて肌触り

抜群です。赤ちゃんやちいさなお子さんのかわいいお口やおててを

優しく拭いてあげたり、幸せな風景が目に浮かぶようです。

ちょっとしたお祝やお礼にもぜひ。

今日は春らしいお天気。庭に出て、少し草取りをしました。ムスカリ

がようやく出てきて見つけた時はとっても嬉しかったけれど、雑草も

同じように生えてきてて”あぁ!また雑草との戦いが始まるなぁ!”と

若干気持ちが萎えてしまいました。雑草だけを見分けて食べてくれる

ヤギ、いないかしら?

クリスマスローズ、スノーフレークも咲いてきました。

お店に飾っている彼岸桜もどんどん開花しています。ささやかなお花見

ができます。

常設に戻りました。

先週の土曜日に無事に終了したchiclin展。今回も沢山の方に足を

運んで頂きました。ありがとうございました。

 

歳を重ねてきて、ここ最近はしみじみ”ちゃんとした服を着ないと

ダメだなぁ・・・”と感じます。若い時は何を着たっていいのです。

安価でサッと作られたような服を着ても、若さでカバーできると

いうか。でも、歳を取ってくるとそうはいかなくなる。

chiclinの服は”ちゃんと”しています。上質な生地を使って丁寧に

作られ、シンプルで飽きの来ないデザイン。どこかクラシックな

雰囲気で普遍性を感じます。

ツバメ舎を始める前からchiclinの丸襟ブラウスやワイドキュロット

を遠くの展示会に足を運んで買い求めました。今から8、9年前。

それでも変わらず飽きもせず着続けています。

お客様は同年代の方が多いので、きっと皆さん私と同じようなことを

感じていらっしゃるのではないでしょうか。

殆どがいつも楽しみに来て下さる方ばかりでしたが、今回は初めて

chiclinの服を見に来て下さった方もいつもより多くて、嬉しかった

です。

少し前に、子供の頃の写真を引っ張り出して見ていたら、小さい私

と姉、妹は3人とも丸襟ブラウスを着て立っていました。

次回のchiclin展はまた10月か11月頃に。

 

さて。お店の中は常設に戻りました。

今日はまとまった雨が降りましたね。

薄暗い店内でlifart...のキャンドルに火を灯して。やっぱり落ち着き

ます。

 

mouさんよりちいさなバッグが届きました。

左上にある小さなモチーフをたくさん編んで繋げたという編みバッグ。

気の遠くなるような丁寧な手仕事に感嘆の声をあげてしまいました。

ちょっとしたお呼ばれやパーティ―に持つとかわいい。

春夏用、リネンのヘッドバンドも届きました。明日もお待ちしております。

 

chiclin展、明日が最終日です。

こんばんは。chiclin展、5日目が終わりました。今日は15時位から

急に、お客さまがいらっしゃいました。最後はchiclin展にいつも

来てくれる友人2人が残って、3人でワイワイ言いながら試着をした

り・・・女の人はやっぱりお洋服が好きなのです。

 

今回は会期がいつもより早くて短い。2日短くて、あっという間に

明日が最終日です。

人気のワンピースも残りあと1枚。

パンツはMサイズの方でしたら、どのデザインも揃っています。

きれいなブルーのANNAコートも!

最終日まで沢山の方に、chiclinの服をご覧いただけますように。

皆さまのお越しをお待ちしております。

iPhoneImage.png

昨日のmielの焼菓子もぜひ。

 

3月の”patisserie miel”

chiclin展4日目も無事終了。お店を開けているといろいろなお客様

が来て下さるけれど、chiclin展を続けているから会えるという方も

いたりして、半年に1度の再会だけれどそれはそれでとっても嬉しく

楽しみで、有難いなぁ!と思ったり・・・今日はそんな1日でした。

 

巷の小学校では今日は卒業式。ご卒業おめでとうございます。

昨日ほど寒くなく、お天気も良くてよかった!

そんな訳で”patisserie miel”ものんびりとしていたのでアトリエの

空間を静かに堪能しながらmielの美味しいケーキを十分に味わって

頂けたのではないでしょうか。




すっかりmielのケーキのファンになって毎月来て下さる方も、初めて

食べた方も「すごく美味しかった!!」と嬉しそうに言って下さった

のがいつも以上に本当に嬉しかった。

なぜなら3月の”patisserie miel”は、mielの圭子さんにとって特別な

思いがあったからです。

+ムース・オ・フロマージュ ”ミエル”

という名前が付けられたお菓子。遠くに行ってしまった大切で特別な

存在のことを想いながらいろいろな思いを込めて作られたお菓子でした。

やさしさや寂しさや感謝や愛情やたくさんの幸せな思い出が詰め込まれ

ました。

夜ごはんの後、私もこのムースを食べました。悲しみを乗り越えながら、

一生懸命心を込めてお菓子作りに向き合う圭子さんの姿が目に浮かんで

胸がいっぱいになりました。

やさしくて儚げでちょっぴり切なくなるようなふわっと溶けてなくなって

しまいそうなムース。真っ白なあの子のようなムース。

天国できっと喜んでいるはずです。

 

mielのケーキを食べて下さった皆さま、本当にありがとうございました。