愛知県蒲郡市の緑に囲まれた場所にひっそりと佇むお店『ツバメ舎』。くらしに寄り添う雑貨や服を並べています。
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< chiclin standcollar shirt | main | Rai-Atelier >>
SUCHEA "Partita sur la plaque"









16・17日の2日間、ツバメ舎のアトリエにて洋菓子屋スーチェ
による”"Partita sur la plaque"〜皿の上のパルティータ”が
開かれました。
完全予約制で、限られたお客さまにしか楽しんで頂けず申し訳
ありませんでしたが、その分とても特別で有意義なものとなり
ました。
スーチェが皿の上で奏でるお菓子のパルティータ(組曲)は、
1つ1つ美しくおいしくて、食べた方皆さんを恍惚とさせていま
した。
上品な金色が際立つお皿やロイヤルブルーのカップ、真っ白で
上質なコットンのテーブルクロスやナフキン、テーブルの上の
深紅のバラ、音楽はグレン・グールドのもちろんパルティータ。
アトリエのドアを開けた瞬間、「わぁ・・・。」と、感嘆の声。
いつものツバメ舎とは全く違うクラシックな雰囲気を愉しんで
頂けたのではないかと思います。
参加してくださった皆さまのとても嬉しそうな笑顔を見ることが
できて、私も幸せでした。スーチェもきっと同じだったと思い
ます。

そもそも、ツバメ舎のお客様として来てくれていたスーチェ。
「いつか、何かやりたいんです。」と可愛らしいお菓子を持って
そう言っていた彼女が、瞬く間に今や大人気の洋菓子屋になりま
した。しかし、その陰には、当然凄い努力とブレない芯の強さと
自分への厳しさ、そして大切にしている自分の世界があるのだと
彼女を見ていて思います。一見、華やかな世界のようだけれど、
日々は1人でただ黙々とひたすら工房でお菓子を作り続けるとても
ストイックで孤独な世界。自分との闘い。より美味しく美しい
”スーチェのお菓子”の為、飽くなき追求。
頑張っている彼女だからこそ、沢山の方に認められるようになった
んだと、彼女の歩みを見てきてそう感じるのでした。

ゆうこちゃん、2日間 本当にお疲れさまでした。「アトリエで何か
やろう!」と、1年半以上前の約束がやっと果たせた。ありがとう。
そして、SpecialThanks!! スーチェと私のエプロンを作ったり、沢山
助けてくれたnちゃんへ!




 
管理者の承認待ちコメントです。
- | 2015/10/18 23:27
管理者の承認待ちコメントです。
- | 2015/10/19 08:23
COMMENT









Trackback URL
http://tsubame-sha.jugem.jp/trackback/881
TRACKBACK