愛知県蒲郡市の緑に囲まれた場所にひっそりと佇むお店です。
8年を節目にお店の名前をツバメ舎からOn me pense 「 オン・ム・パンス」にしました。
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 明日はpatisserie le "miel" | main | 6月のpatisserie le "miel" >>
古いものいろいろ

本日2回目の更新。

オランダのデルフトで出会った古い額とデルフトタイル。

この細長い額には、3枚のデルフトタイルが貼られて壁に飾られていたそうです。

売ってくれた優しいおじいさんが教えてくれました。

1610年のデルフトタイル。

1670年のデルフトタイル。

どちらもオランダの牧歌的な風景が描かれています。フェルメールの有名な絵画

「デルフトの眺望」。実際にその絵が描かれた場所へ行って、今の景色と比べて

みることができました。

このデルフトタイルに描かれているような風景を、フェルメールも見ていたので

しょうか。それから、

日本からアムステルダム国立美術館に戻って再び会うことができたフェルメールの

「牛乳を注ぐ女」。アムステルダムでは間近でじっくり見れました。この絵の右下

にもデルフトタイルが描かれています。

次は古い封筒。

外国の切手やスタンプは、どうしてこんなに素敵なのでしょう!

お気に入りの封筒に、例えばお気に入りのネックレスをしまったり、思い出の写真

や切手を入れてしまったり、何かを入れて大切な人にプレゼントしたり・・・。

使い方はいろいろ。ぜひ、じっくりとご覧ください。

COMMENT









Trackback URL
http://tsubame-sha.jugem.jp/trackback/1640
TRACKBACK