愛知県蒲郡市の緑に囲まれた場所にひっそりと佇むお店です。
8年を節目にお店の名前をツバメ舎からOn me pense 「 オン・ム・パンス」にしました。
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 大切なオシラセ | main | mousse/m-skirt >>
MAROBAYAの展示会へ

昨日は早朝に家を出て、一路 松本へ。

tadokorogaroで開催されていたMAROBAYA展の最終日に足を運びました。

tadokorogaroの田所真理子さんにも、MAROBAYAの木村さん・上村さんにも

ずっとお世話になっています。でも、真理子さんにお会いするのは2年半ぶり

くらい、MAROBAYAのお2人にお会いするのはおそらく6年ぶりくらいでした。

 

ツバメ舎を始めてから4月で丸8年が経ちます。

その間、お取り扱いさせて頂いている作家さんや作り手さんにお会いする機会

は住所が遠いほど、実はなかなか無いのです。だから、久しぶりにお会いできて

本当に嬉しかった。先日、アトリエを訪ねたタカハシナオさんもそうだけれど、

ずっと繋がっている方とお互い元気で再会できるのは、何とも嬉しいものです。

MAROBAYAのお2人も変わらずとてもあたたかくお元気そうで謙虚で、でも

作るものは着実に進化していて、嬉しかったり感動したり・・・。

初めて見るMAROBAYAのカシミアのニット。試着させて頂きましたがそれは

それは素晴らしかったです。

スカートもラインが美しくて、ほんとに可愛かった!ずっと大切に着続けたら

フランスのアンティークのスカートのように育つのだろうなぁと思いました。

それにしても、木村さんは相変わらずのスタイルで!!笑

 

tadokorogaroの真理子さんも変わらずとっても気さくで話しやすくて可愛らし

い方でした。真理子さんが描く絵はとても静かだけれど(”りんご”のパッケージ

のイラストなど覚えていらっしゃいますか?)、明るく楽しい方なのですよ。

ポストカードや小冊子などようやく注文させて頂いたので、楽しみにお待ち頂け

たらと思います。

 

暫く入荷がストップしていたMAROBAYAのエプロンも、暖かくなる頃には再び

注文することができそうです。そして、色が白以外も入るかも?!

どうぞお楽しみ。

開店時間より少し早く着いたので、あがたの森を散歩しました。

所々、雪が残っていて嬉しくなって雪だるまを作ってしまった。

 

いろいろな素敵な方に会うと、とても良い刺激になります。

自分はこれからどうなりたいのか、どんなふうに進んでいきたいのか・・・。

 

 

 

COMMENT









Trackback URL
http://tsubame-sha.jugem.jp/trackback/1555
TRACKBACK