愛知県蒲郡市の緑に囲まれた場所にひっそりと佇むお店です。
8年を節目にお店の名前をツバメ舎からOn me pense 「 オン・ム・パンス」にしました。
<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< Hiroyuki Watanabe/stirrer | main | 仕事納め >>
12月のpatisserie le "miel"

今年最後のpatisserie le "miel"、終了しました。

蝋燭に火を灯し、皆さまを静かに待ちます。

音楽はフォーレ。透明で柔和な表情を持つフォーレの音楽は、聴く人全ての心に

安らぎを与えてくれる、癒しの力を持っているような気がします。いつもツバメ舎

に足を運んで下さる方へ感謝の気持ちと非日常的なアトリエの空間で1年の疲れを

癒して頂けますようにと願いを込めて。

1皿目のパノフィーパイとショコラ・テリーヌ。

出番を待つシャインマスカットのクープ。

大皿の上に並んだ焼菓子は、皆さんで召し上がって頂きました。

特別なmielの箱のお土産付き。苺のロールケーキとプチ・レモンケーキが入って

いました。

思い返せば、3年前の羊のレモンケーキから始まりました。

皆さん、おいしいものが大好きです。今年最後のpatisserie le "miel"も明るい

笑い声と笑顔に包まれていました。丁寧に思いを込めて作られたmielの圭子さん

お菓子1つ1つに誰もが感動していました。喜んで頂けて、本当に嬉しく思いました。

 

来年からのpatisserie le "miel"。少し、カタチを変えてやっていこうと思って

います。今年から毎月開催してきて様子をみてきましたが、駐車場などいろいろ

改善しなくてはならない点があり悩みましたが、もう少しツバメ舎らしくゆっくり

とやっていきたいと思います。

これまではケーキや焼菓子の種類が多くお客様が選ばれるのに時間がかかり、ますます

行列ができてしまう・・・というような状況になっていました。

ですので、種類を減らしてmielさんが1人で応対できる範囲でやってみようということ

になりました。そうしてやってみて、また何か問題や改善点が出てきたらその時は再び

変えていくと思いますが、長く続けていくために無理をせずやってみようと思います。

ご迷惑をお掛けすることもあるかもしれませんが、あたたかく見守って頂けたら幸い

です。どうぞよろしくお願い致します。

 

今までずっとお手伝いをしてくれていた布花作家の詩古さん。どんなに助けられたこと

でしょう。器用で何でもソツなくこなせて更に面白くて笑わせてくれて。

ほんとにほんとにありがとう!

来年3/6からツバメ舎にて、初めての詩古さんの個展を開きます。制作に追われる中、

時間を割いてお手伝いをしてくれた優しい彼女の作品をどうぞ見にいらして下さい。

それから、お客様として来てくれたのに優しいが故、放っておけなくて沢山手助けして

くれたEちゃんにも心から感謝です。気が付く、気が利くでは天下一品!ありがとね。

 

そして、mielの圭子さん。1年間ほんとうにお疲れさまでした。

1年の最後を締めくくる日に、圭子さんのお陰で大切な方々の笑顔を見ることができて

幸せでした。ありがとう!そして、来年もどうぞ宜しくお願いします。

圭子さんのケーキ、やっぱりとってもおいしいなぁとあらためて思いました。

そして2018年ツバメ舎最後の営業日に足をお運びくださった皆様、本当にありがとう

ございました。心からお礼申し上げます。

 

*営業日は昨日が最後でしたが、仕事納めは今日でした。その様子と1年の総括はまた

後日!^-^

COMMENT









Trackback URL
http://tsubame-sha.jugem.jp/trackback/1538
TRACKBACK