愛知県蒲郡市の緑に囲まれた場所にひっそりと佇むお店『ツバメ舎』。くらしに寄り添う雑貨や服を並べています。
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 夏休み | main | MAROBAYA。そして、明日は営業日です。 >>
夏休みのこと

こんにちは。長い夏休みを頂いております、有難うございます。

お盆が過ぎたら少し涼しくなりましたね。虫の鳴き声や夕暮れ

時の風に秋の気配を感じます。今年の夏は本当に暑かった。

でもちゃんと季節は巡ってくるのだな・・・といつも感心して

しまいます。

 

久しぶりのブログは夏休みのことを。

九州に帰省してお盆を両親やきょうだい、姪や甥や娘と過ごす

ことができました。息子が揃わなかったことだけが残念でしたが、

とてもいい時間を過ごすことができました。娘が制服姿で働く

様子もちらりと見てきました。なかなか似合っていた!少しずつ

慣れてきたようで安心しました。(息子はこっちには帰ってきま

した。旦那さんの50歳の誕生日にネクタイをプレゼントしてくれ

ました。大人になったものですね。)

入院している祖母にも会いに行きました。

昨年は帰省できなかったのですが、一昨年会った時には私のこと

もわかったし、遠い昔に祖父からもらった大量のラブレターを

恥ずかしそうに嬉しそうに見せてくれたのに、もう誰のことも

わかっていないようで体も随分小さくなっていました。そんな

祖母の姿を見て涙がなかなか止まりませんでした。

いつもきれいにお化粧してお着物を着て、素敵な笑顔で私の名前

を呼んでくれる祖母の元気な時の姿が目に浮かんで切なくなり

ました。

 

家の近くを車でドライブすると、小さい子供たちを連れて泳ぎに

行ったオーシャンドームも、友人が結婚式をあげたホテルも、

小学生の時に行った友だちと行ったボウリング場も、跡形もなく

無くなっていました。

夏休みにはいつも家族で両親の田舎のちいさな村へ遊びに行って

いました。水がとても冷たい澄んできれいな川で遊んでいました。

その川も今では子供が遊んでいる様子を見ることも無くなり、

いろんなことが変わっていくのだな・・・と身に沁みて思いま

した。

 

最近は特に、子供が巣立ったせいか、自分の人生のようなものを

考えることが多くなりました。今までとこれからと。

少し前に観に行った「フジコ・ヘミングの時間」。きっと観た人

誰もが自分のこれまでの人生と重ね合わせて共感する部分があって、

胸に迫りくるのだと思います。

”人生とは時間をかけて私を愛する旅”。このフジコさんの言葉が

とても好きです。

実家を発つ日は台風の影響であいにくの雨模様でした。父と母が

雨の中お互い滑って転ばないように相合傘の中で体を支え合って、

私が見えなくなるまで見送ってくれました。私はきっと、その父

と母の姿を死ぬまで忘れないでしょう。帰れる場所があるという

ことは本当に有難く幸せなことですね。

 

リストの「ため息」を聴きながら。ちょっとしんみりとしてしま

いました。。。苦笑。

 

*MAROBAYA の半袖Tシャツ、風呂敷、渡邊浩幸さんのグレイの

ランプシェード、届いています。少しずつ更新していきます。

COMMENT









Trackback URL
http://tsubame-sha.jugem.jp/trackback/1463
TRACKBACK