愛知県蒲郡市の緑に囲まれた場所にひっそりと佇むお店『ツバメ舎』。くらしに寄り添う雑貨や服を並べています。
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 訂正 | main | フランスの古いうつわ >>
古いものいろいろ

届きました。

+pendant light 20C France

これは、今回仕入れした中でイチオシのライト。いい風合いに

経年変化したブラスのソケットがとても良い。コードの色は、

白と黒があります。コードの長さは1m。たくさん吊るしたら

素敵だろうな。おうちや部屋のインテリアを変えたい方、また

はお店などを始められる方、ぜひ。

明日は営業日です。ブログで少しずつご紹介させて頂きますが

ジレやタブリエなど、よろしかったら見にいらして下さい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

昨日、生まれたばかりの赤ちゃんを見に行きました。

ツバメ舎オリジナルエプロンを作ってくれたMAICENのながっ

ちゃんが無事お母さんになりました。

ながっちゃんに初めて会ったのは、彼女がまだ28歳くらいの時。

それから何年か経って、ツバメ舎でたまたま出会った男性と

結婚して、赤ちゃんを産んでお母さんになった。とても感慨深く、

とても嬉しく、ながっちゃんの元気で幸せそうな顔を見て心から

ホッとしました。

正直、病院に行くのはどうかな・・・?とも思ったのですが、

自分が初産の時のことを思い出しました。私はその頃、大阪に

住んでいたので両親や姉妹は遠くて来れず、まだお友達や知り

合いもいなくて、同じ部屋のお母さん達のところには引っ切り

無しに誰かが面会に来るのに、私の所には旦那さん以外、誰も

来なくてとても寂しかったのを覚えています。でも、そんな時

に突然、大学時代に一番仲が良かった群馬に住む友人がわざわざ

駆けつけてくれたのです。とても驚きましたが、それが本当に

ほんとうに嬉しかった。

出産の後、母親は訳もなく涙が出たり、寂しかったり、不安定

になったりするものです。ながっちゃんは地元だから、お父さん

が来てくれたり、お友達が来てくれたり、私のようにポツンと

寂しくなることは無いだろうけど、なにか病院に行ってあげた

かった。ながっちゃん、喜んでくれたかな?

生まれたての赤ちゃんを見ていると、自分のお産が本当に昨日の

ことのように鮮明に蘇ってきます。これはほんとうに不思議。

今、私の周りは出産ラッシュで赤ちゃんがいっぱい。笑

自分の子育てが終わっても、こうして可愛い赤ちゃんに会えたり

抱っこさせてもらったり、嬉しいなぁ!と思っています。

 

MAICENの活動再開はまだ少し先になりますが、どうぞ温かく

お見守り頂ければと思います。

 

 

 

 

 

COMMENT









Trackback URL
http://tsubame-sha.jugem.jp/trackback/1435
TRACKBACK