愛知県蒲郡市の緑に囲まれた場所にひっそりと佇むお店『ツバメ舎』。くらしに寄り添う雑貨や服を並べています。
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< nunobana"shico" /brooch | main | tamami watanabe / 春夏秋冬の服 >>
東京へ

先週の金曜日より、東京へ行って参りました。
まずはずっとお世話になっている木工作家 渡邊浩幸さんの

工房へ。硝子戸の向こう側が作業場、机と椅子があるスペース

は金継ぎ教室が行われている場所です。

天井からは渡邊さん作、木のランプシェードがたくさん吊るさ

れていて、温かみのある光がとてもきれいでした。
iPhoneImage.png 

12月のWSについて話を詰めました。日程は12月12日(水)。

諸事情により1日2部制となりました。1回目は豆皿、2回目は

レンゲを作ります。渡邊さんの器で食べるごはんと軽食付き。

お料理を作ってくださる方も既に決定しています。

まだ先の話ですがきっとあっという間にやってくるのでしょう!

どうぞ楽しみにお待ちください。

 

渡邊さんの作品が生まれるところは、作業しやすいようにいい

感じに整理され、道具などが壁に掛けられていて(見せる収納

ですね!)、それがオブジェの様でとてもカッコ良かった。

いろいろな作家さんの工房やアトリエにお邪魔させて頂く機会

がありますが、仕事場を見るとそれぞれその人がどのような人

なのか、なんとなくわかるような気がします。

共通しているのは空間全体がアートな感じがすること。やはり

皆さん、芸術家なのだなと思います。

 

その後、気になっている作家さんの展示を見に。

こういうこと、暫くできてなかったので良かった。まずは自分で

使ってみます。

そして、昨年インテリアのお仕事で携わった友人の家にも行く

ことができました。リノベーションが済み、引っ越してから初!

すっかり彼女らしい空間になっていました。

テレビボードはechoes furnitureの加藤くん作。インテリアに

馴染んで、収納力も抜群、友人もとても気に入っているようで、

良かった。

息子の家に泊まったり、友人の家に泊まらせてもらったり、嬉しい

出張でした。

2か月ぶりに会う息子、元気にやっているみたいでひと安心。

冷蔵庫を開けると得体の知れない物体が出てきたりもしましたが(笑)

朝、お味噌汁を作ったらとても喜んでくれました。そんなことが

妙に嬉しかったりして。。。

 

写真は鎌倉文学館。とても良い空気が流れている場所でした。

 

 

COMMENT









Trackback URL
http://tsubame-sha.jugem.jp/trackback/1424
TRACKBACK