愛知県蒲郡市の緑に囲まれた場所にひっそりと佇むお店『ツバメ舎』。くらしに寄り添う雑貨や服を並べています。
<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 城 進/花器いろいろ | main | ツゲ製作所/"kaban" >>
marobayaの白

MAROBAYAから長袖Tシャツ、エプロン、風呂敷が届きました。

今回は白1色のみの入荷です。

MAROBAYAの白が好き。注文して箱が届いて、その箱を開けて

取り出す度にキリッと身も心も引き締まる思いです。潔い真白。

size:05/06/15/16

しっかりとした生地と縫製で首部分がよれません。開き具合も

絶妙です。

袖口。カーディガンの下から覗いているとかわいいです。

晒しのエプロン。

こだわりが感じられるボタン。

ボタンホールが3つ開いているので、長さ調節が可能です。

水仕事をしていて一番濡れるであろう腹部の辺りが2重の厚さに

なっています。ちゃんと使う人のことを真剣に考えて作られて

いるのがわかります。

前に大きく付けられているポケットの中に、更にミニポケットが!

こういうところもニクイです。

風呂敷は、包むだけでなくテーブルクロスや

小窓の目隠しとしても。

 

MAROBAYAは、私の生活にはどれもなくてはならない物ばかり

です。Tシャツは家族も大好きでこればっかり着ているし、

エプロンはごはんを作る時に欠かせない。随分と汚れてしまった

けれど、それがかえってかっこいいと私は勲章のように思って

います。

風呂敷は、旅行の時に下着などを包んでバッグにポン!とても

便利だし、何だか気分がいい。他にもカーテン代わりに使ったり、

一体何枚持ってるかしら?という感じ。

ご縁があって、大好きな物をずっと変わらずお取扱いさせて頂け

ていることが心から有難いと思っています。幸せなこと。

 

少し前にお菓子作家のHACHIさんのところへ遊びに行きました。

HACHIさんはもう長いこと、MAROBAYAのエプロンを使って

くれているのだけれど、久しぶりに見たら、「あれ?その生地は

アンティーク?」と言いたくなる位、生地が少し擦れてグレーの

ようになって、ますますかっこいいエプロンになっていました。

大切に育ててくれてありがとう。

MAROBAYAのお二人が見たら、きっと嬉しいだろうなぁ・・・

と思いながら帰ってきたのでした。

 

それでは、次の営業日は7日の土曜日。桜は終わってしまいました

が、よろしかったら遊びにいらして下さい。

 

 

COMMENT









Trackback URL
http://tsubame-sha.jugem.jp/trackback/1374
TRACKBACK