愛知県蒲郡市の緑に囲まれた場所にひっそりと佇むお店『ツバメ舎』。くらしに寄り添う雑貨や服を並べています。
<< April 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 4月のカレンダー | main | 城 進/花器いろいろ >>
続けるということ

九州と東京から戻ってまいりました。

娘の卒業式(東京)→息子の引っ越し(東京)→娘の引っ越し

(九州)→息子の入学式(東京)という流れ。笑

長いお休みを頂いて、ご迷惑をお掛け致しました。ありがとう

ございました。

気分を新たに頑張って参ります。どうぞ宜しくお願い致します。

 

さて。先月末に発売された「暮しの手帖」。少しページをめくる

とツゲ製作所の柘植さんとエプロンが載っています。


発売前から話を聞いていたので、とてもとても楽しみにしていま

した。発売日にすぐに本屋さんへ足を運びました。

ツバメ舎がオープンして間もない頃からお取り扱いさせて頂いて

いるツゲ製作所のエプロン。約7年経っても、高い人気を誇って

います。

豊田のイベントに出展されていた時に初めて出会って一目惚れ。

なんてかわいいエプロンなのだろう!と驚きました。その頃はまだ

最後の方まで見ることができたエプロンも、その後、イベントで

一瞬にして売り切れてしまう程、幻のようなエプロンとなりました。

それでも柘植さんの人柄は全く変わることなく、やさしい気遣いの

出来る人、面白い人、センスのいい人、色んな事を知っている人、

コツコツとストイックに作る人、SNSを一切やらない人であり続け

ています。

ワーッとすごい勢いで消費者が盛り上がって沢山の数のエプロンが

旅立っても、左右されることなくブレずに謙虚に作り続ける・・・

それは凄いことだと思います。きっと人気が出たら出たで、先行き

に不安を感じたり、様々な複雑な思いもあると思うのだけれど、

柘植さんは本当に変わらないです。

そんな柘植さんから今回の話を聞いた時、まるで自分の事のように

嬉しく、そして地道に作り続けてきた柘植さんに光を当て取り上げ

てくれた「暮しの手帖」にさすが!!と拍手喝采をせずにはいられ

ない思いでした。

 

頑張っている人の努力が報われるのは、本当に嬉しい。

つげちゃん、またお疲れさまのごはんでも。

エプロンの作り方も載っています。ぜひ、本屋さんで。

 

*明日は久しぶりの営業です。城進さんの花器、MAROBAYAの風呂敷、

エプロン、白Tシャツ入荷しています。

管理者の承認待ちコメントです。
- | 2018/04/03 22:08
COMMENT









Trackback URL
http://tsubame-sha.jugem.jp/trackback/1371
TRACKBACK