愛知県蒲郡市の緑に囲まれた場所にひっそりと佇むお店『ツバメ舎』。くらしに寄り添う雑貨や服を並べています。
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< オシラセ | main | 3月のカレンダーと、明日はpatisserie le "miel " >>
お礼

長い長いお休みを頂き、ご迷惑をお掛けしました。本当にありがとうございました。 (これからプライベートなことを長々と書きますのでご興味の無い方は読み飛ばしてくださいませ。)

1年間ひたすら努力を続けてきた息子の夢が叶いました。 1年前に目標ができてから(そこから夏に急な方向転換がありましたが。)勉強を始め、この1年でビリギャル並みに偏差値を上げました。それは、歯磨きしている時もトイレとお風呂に入ってる時も、土日祝日・夏休みはそれぞれ約16時間ずつ、センター試験や第2.3希望の試験が終わった直後も、気を抜かずただただ毎日懸命に勉強してきたからです。 スマホのインターネットが繋がらないようにし、LINEとSNSは全て消して、勉強し続けました。これは、4年前のお姉ちゃんの背中を見て彼が学んだことでした。

息子は、高校受験がうまくいかなくて、悔しかったり辛かったり、たくさんあったと思います。私とも何回も大きな衝突をして、家でも学校でも歯痒い思いをしたことでしょう。 望まない高校へ行って、留学はダメになって、大好きなバスケットも思い通りにできなくて、高校入ってからずっともがき苦しんでいました。いつもイライラしていました。 けど、そういう試練は息子にとっても、そういう息子の姿に向き合わなければならない母親の私にとっても必要なことだったのだと思います。 高校にすんなり合格していたら、すんなり留学できていたら、おそらくここまで努力できなかったかもしれない、今みたいに良好な親子関係で受験を乗り越えることはできなかったような気がします。

”息子の受験に母親がついていくなんて!” ずっとそう思っていた私でしたが、実際にその立場になってみると、恥ずかしながらそうなっちゃいました。笑。この1年間、息子も私もルーティーンを大事に過ごしてきました。だから、私は場所が変わっても家で過ごしてきたように、同じ時間にごはんを食べさせ、勉強机を拭いて、水回りをキレイにして、花を飾って、この1年間の息子の努力を無駄にしないようにサポートしてあげたかったのです。 (さすがに受験会場や下見に一緒に行ったりはしてないですよ。笑) ただ、私がこうして息子をサポートできたのも、1人暮らしを我慢してくれた旦那さんや家に帰ってきた時、寂しい気持ちを我慢してくれた娘、休業することを理解して下さった優しい友人やお客さまのおかげだと心から感謝しています。

娘の受験と息子の受験を通して、子どもたちからたくさんのことを学ばせてもらいました。改めて目標を持つことの大切さ、我が子の夢が叶う喜び、我が子を行きたいところへ行かせてあげられない切なさ、自分が大学受験の時の母の気持ち、そして1番は、例え望まないところに行くことになったとしても悪いことばかりでは決して無いということを知りました。

センター試験の前、息子の頑張りをずっと見てくれていたクラスの子たちからたくさんの応援メッセージをもらいました。先生方や校長先生まで温かい声を掛けてくださった。これは、今通っている高校だったからだと思います。

私も、大切な友人たちと優しいお客さま方からたくさんの励ましを頂きました。私もそのお蔭で1年間頑張れたのです。

何かあたたかい見えない大きな力みたいなものにグググっと後押しされて目標の場所まで1本の道が真っ直ぐ続いているような、そんな不思議な感覚がありました。本人の努力はもちろんですが、周りの応援も本当に大きな大きな力になるのだと心から有り難く思いました。

大本命の試験の朝、出掛ける前に息子が私の目を真剣な眼差しで見て「ここまでやってこれたのは母さんのおかげだから。頑張ってくるから!」と言ってくれました。涙が出ました。 いつの間にか受験を通して成長していたのだなぁ…。 本当にいい経験をされてもらった。 辛いことも勿論ありましたが、目標に向かって頑張る子どもたちの直向きな姿を見させてもらって幸せでした。 苦しい時もありましたが、同じ夢に向かって一緒に過ごした日々は楽しくもありました。

ヘルマン・ヘッセの言葉。 「君がどんなに遠い夢を見ても、君自身が可能性を信じる限り、それは手の届くところにある。」

この言葉を私よりも誰よりも、息子は信じ続けました。 まだまだ人生はこれから。奢ることなく、新たな目標を見つけて前進して行って欲しいと願います。 これからは少し離れたところで、子どもたちを見守り、応援して行きます。私も子どもたちに負けないようにまた目標を見つけなければ!

ブログを読んで私たちを応援してくださった皆さまへ、たくさんのたくさんの感謝を込めて。

 

 

 

管理者の承認待ちコメントです。
- | 2018/02/25 08:47
管理者の承認待ちコメントです。
- | 2018/02/25 11:37
管理者の承認待ちコメントです。
- | 2018/02/25 19:20
管理者の承認待ちコメントです。
- | 2018/02/25 19:22
管理者の承認待ちコメントです。
- | 2018/02/26 13:04
COMMENT









Trackback URL
http://tsubame-sha.jugem.jp/trackback/1354
TRACKBACK