愛知県蒲郡市の緑に囲まれた場所にひっそりと佇むお店『ツバメ舎』。くらしに寄り添う雑貨や服を並べています。
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 7月の"les fleurs du quotidien!” | main | 布花 詩古 >>
木太 聡/Kita Akira

昨日の"les fleurs du quotidien!”で買った植物を飾りました。


iPhoneImage.png

落ちた山帰来の実を葉楽ちゃんがくれたので、コンポートの上に

飾りました。

さて。木太 聡さんのCDが初めて入荷しました。3種類です。

 

(画像上から時計回りに)

+或る少年

+顔

+女と椅子

 

ここ最近はお店でもずっとこの3枚のCDをかけています。

アルバムのタイトルとジャケットの装丁とがとても合っていると思う。

それぞれに入っている曲名も外国の絵本でも読んでいるかのような、

魅力的な名前が付けられています。例えば”酔いどれ詩人”とか”王と月”

とか。そして、それがメロディーとマッチしている。目を瞑りながら

物語を想像し、静かなピアノの音に聴き入ってしまいます。

とても素敵な音楽なので、大切な人への贈り物にも。

ぜひ、お店に来たら流れている音楽に耳を傾けてみて下さい。

因みに、私は「或る少年」の中では”或る少年”が、「顔」の中では、

”紡ぎ歌”が、「女と椅子」では”A car comes”が、1番好きです。

敢えて言うならば、ね。


ピアノ/トイピアノ奏者、木太聡(きたあきら)。

地元倉敷でピアノ教室を開くかたわら、音楽家としてはこれまで3枚の

自主制作CD-R作品をリリース。近年ミナ・ペルホネンの音楽を担当する

などその活動を広げている。

 

明日は営業日です。

 

 

 

COMMENT









Trackback URL
http://tsubame-sha.jugem.jp/trackback/1231
TRACKBACK