愛知県蒲郡市の緑に囲まれた場所にひっそりと佇むお店『ツバメ舎』。くらしに寄り添う雑貨や服を並べています。
<< February 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>
大切なオシラセ

長年使っていたお店用のPCがどうやら壊れてしまったようです・・・。

お問い合わせがある方は、このブログのコメント欄またはInstagramの

DM、または tsubame4@outlook.jp にお願い致します。

ご迷惑をお掛けして申し訳ございませんが、どうぞ宜しくお願い致します。

 

 

無事に。

久しぶりの雨の中、デロワを取りに来て下さった皆さま 本当に有難うござい

ました。今日が最終日、無事に皆さまのもとへお届けできてホッとしています。

besoinのやっさんとようこさん、それからさっちゃんのお陰で沢山の方に喜んで

頂けて、とても嬉しかった。ほんとうにありがとう。

 

さて、久しぶりの入荷です。涙

mousseのm-skirtが届きました。色は2色、70兢罎80兢罎あります。80兢

は10冂垢なっただけで大人っぽいですよ。詳細はまた後日。

ありがとうございました。

今年初めてのpatisserie le "miel"。

無事に終了致しました。寒い中、足を運んで下さった皆さまに心より感謝申し

上げます。

昨年までの販売方法と変えて、今年よりmenuを3種類に絞りました。テーブルに

並んだ姿も今までとは違ってこざっぱりした感じ。このやり方で果たしてお客さま

は来て下さるのだろうか・・・と不安もありましたが、本来のツバメ舎らしく静か

でゆったり、和やかな雰囲気の中で1日を終えることができ、ホッとして有難く感謝

の気持ちでいっぱいです。

 

mielの圭子さんは、色んな種類のお菓子を作ることができるから、本当はもっと

沢山の種類のお菓子を作って、沢山のお客さまを喜ばせたい!という思いがきっと

あると思います。でも、我儘な店主の”ツバメ舎をいつも可愛がってくださるお客さま

に一番喜んで欲しい”、”ツバメ舎らしく静かにゆったりとした雰囲気で販売して欲しい”

という願いを聞き、このスタイルを受け入れてくれました。

本当に本当にありがとう。

 

月1回のpatisserie le "miel"、これからもmielの圭子さんの力を借りて、ツバメ舎の

お客さまに喜んで頂けるようにツバメ舎らしくゆっくりと歩んでいきたいと思います。

これからもどうぞよろしくお願い致します。次回は2/28です。

 

 

 

 

1月のles fleurs du quotidien!

2019年最初の営業日。

午前中はとってものんびりでしたが午後から沢山の方に足を運んで頂き、良い

スタートを切ることができました。心から感謝申し上げます。

ツバメ舎をオープンしてからずっと、最初の営業日は手作りの善哉でおもてなしを

させて頂いていたのですが、今年はささやかなお年賀をご用意させて頂きました。

(数に限りがありましたので行き届かなかったお客さまもいらっしゃったと思います、

申し訳ありませんでした。)ツバメ舎に来て下さる大切な方が今年も一年元気で幸せ

でありますように、と願いを込めて準備をしました。

お客さまや友人たちと新年の挨拶を交わし、皆さんの笑顔を見るととっても嬉しく

幸せに思いました。

アンティークの白いピシェにスッとした佇まいのアンスリウムを選びました。この花

のように凛と清くありたいです。

ひららちゃん、お疲れさまでした!今年もどうぞよろしくね。

もらったガーベラは玄関に飾りました。自分ではなかなか選ばない花だけれど、

鮮やかな色は見ていると元気をもらえるのだなぁ!今年も頑張ろう。

 

次回は3/12(火)です。

2019はじまります。そして明日はles fleurs du quotidien! 

あけましておめでとうございます。

2019年もどうぞよろしくお願い致します。

今年の初日の出もツバメ舎入口の窓から拝むことができました。毎年こうして

変わらず新年を迎えられることが心から有難いと感じます。ロールスクリーン

を開けると窓からオレンジ色のきれいな朝陽がお店にいっぱい入り込んでくる

のです。とても神聖で縁起が良い気がします。

今日は皆さんを気持ちよく迎えるための準備をして過ごしました。レイアウトを

変えて、心機一転また明日から頑張ります。葉楽ちゃんのお花の日でスタート!

皆さまのお越しを心よりお待ちしております。

 

オヤスミノヒノオハナシ

年末年始は子供たちが帰って来て、久しぶりに賑やかになりました。29日に旦那

さんと息子に手伝って貰って大掃除を済ませ、年賀状を仕上げ、30日から1泊で

近場だけれど家族4人で泊まりに行きました。とにかく楽しく嬉しかった!家族

が揃うというのはこんなに嬉しい事なんだなぁ・・・とあらためて思いました。

しかし、そんな喜びも束の間、2人共その後は毎日違うお友だちと遊びに出掛けて、

全然家にいなかった!泣。そんなに毎日会う友人がいるのは幸せなことだと思う

けれど・・・。

娘は髪をショートにしてすっかり大人っぽくなっていました。職場の話を面白可笑

しくしてくれるので、女の子がいるとやっぱり華やかで明るくなるわ〜!と思い

ました。一方、息子は1年前を想うとすっかり暢気な大学生になって、去年のスト

イックな姿が嘘のようだけれど(苦笑)「やっぱ実家はいいな〜。」とか「母さん

の味噌汁、ヤバい!(おいしいという意味のヤバいです。笑)」と言われるとまだ

まだかわいいわ!と嬉しくなりました。

そんなのんびりと平和なお休みでした。

 

12月のpatisserie le "miel"

今年最後のpatisserie le "miel"、終了しました。

蝋燭に火を灯し、皆さまを静かに待ちます。

音楽はフォーレ。透明で柔和な表情を持つフォーレの音楽は、聴く人全ての心に

安らぎを与えてくれる、癒しの力を持っているような気がします。いつもツバメ舎

に足を運んで下さる方へ感謝の気持ちと非日常的なアトリエの空間で1年の疲れを

癒して頂けますようにと願いを込めて。

1皿目のパノフィーパイとショコラ・テリーヌ。

出番を待つシャインマスカットのクープ。

大皿の上に並んだ焼菓子は、皆さんで召し上がって頂きました。

特別なmielの箱のお土産付き。苺のロールケーキとプチ・レモンケーキが入って

いました。

思い返せば、3年前の羊のレモンケーキから始まりました。

皆さん、おいしいものが大好きです。今年最後のpatisserie le "miel"も明るい

笑い声と笑顔に包まれていました。丁寧に思いを込めて作られたmielの圭子さん

お菓子1つ1つに誰もが感動していました。喜んで頂けて、本当に嬉しく思いました。

 

来年からのpatisserie le "miel"。少し、カタチを変えてやっていこうと思って

います。今年から毎月開催してきて様子をみてきましたが、駐車場などいろいろ

改善しなくてはならない点があり悩みましたが、もう少しツバメ舎らしくゆっくり

とやっていきたいと思います。

これまではケーキや焼菓子の種類が多くお客様が選ばれるのに時間がかかり、ますます

行列ができてしまう・・・というような状況になっていました。

ですので、種類を減らしてmielさんが1人で応対できる範囲でやってみようということ

になりました。そうしてやってみて、また何か問題や改善点が出てきたらその時は再び

変えていくと思いますが、長く続けていくために無理をせずやってみようと思います。

ご迷惑をお掛けすることもあるかもしれませんが、あたたかく見守って頂けたら幸い

です。どうぞよろしくお願い致します。

 

今までずっとお手伝いをしてくれていた布花作家の詩古さん。どんなに助けられたこと

でしょう。器用で何でもソツなくこなせて更に面白くて笑わせてくれて。

ほんとにほんとにありがとう!

来年3/6からツバメ舎にて、初めての詩古さんの個展を開きます。制作に追われる中、

時間を割いてお手伝いをしてくれた優しい彼女の作品をどうぞ見にいらして下さい。

それから、お客様として来てくれたのに優しいが故、放っておけなくて沢山手助けして

くれたEちゃんにも心から感謝です。気が付く、気が利くでは天下一品!ありがとね。

 

そして、mielの圭子さん。1年間ほんとうにお疲れさまでした。

1年の最後を締めくくる日に、圭子さんのお陰で大切な方々の笑顔を見ることができて

幸せでした。ありがとう!そして、来年もどうぞ宜しくお願いします。

圭子さんのケーキ、やっぱりとってもおいしいなぁとあらためて思いました。

そして2018年ツバメ舎最後の営業日に足をお運びくださった皆様、本当にありがとう

ございました。心からお礼申し上げます。

 

*営業日は昨日が最後でしたが、仕事納めは今日でした。その様子と1年の総括はまた

後日!^-^

Hiroyuki Watanabe/Workshop

昨日ツバメ舎のアトリエで開催された渡邊浩幸さんのワークショップ、無事に

終了致しました。ご参加くださった皆さま、ありがとうございました。

第3回目となった昨日は豆皿を作りました。(写真はお客さまより頂きました)

そして出来上がった後は、渡邊さんの器でhoshizumiさんのお料理を頂く会。

menu

・畑のサラダと柿(バルサミコのソース)

・かぶとコッパのスープ

・ゴボウと水牛モッツァレラチーズを詰めたファゴッティ―二(原木椎茸のソース)

・郡上鹿のソテー(林檎の赤ワインソース)

・カスタードのフリット(ル・レクチェと柚子のソース)

・生姜の紅茶

 

でした。渡邊さんの木の器に彩のきれいなhoshizumiさんのお料理がますます映え

ました。実際に使ってみて、改めて木の器やカトラリーの魅力に気付かれた方も

いらしたのではないでしょうか?

お食事が済んでお店の方へ戻られた時の皆さまの嬉しそうなお顔を見ることができ、

私もとても嬉しかったです。

 

朝早く遠くから運転して来て下さった渡邊浩幸さん、本当に有難うございました。

第4回もぜひお願い致します!

そして、素晴らしいお料理を提供して下さったhoshizumiの克さん、ちぃさん、

一緒にお仕事できてとても楽しかったです。本当にありがとう。またぜひ!!

渡邊さんの作品は、暫くの間 展示させて頂くことになりました。ぜひ見にいらして

ください。クリスマスの贈り物にもぴったりです。

hoshizumiさんの柚子の塩、ゴボウのパルミジャーノチーズのクラッカーも販売

しています。

 

オヤスミノヒノオハナシ

今日はプライベートで渡邊さんにワークショップをして頂きました。事の発端は

店主が一度もワークショップに参加して作ったことが無いから、それはやった方

がいいかも・・・ということと、それから以前、渡邊さんが打ち合わせに来た時

にお昼ごはんに近くのカレー屋さんsundayspiceとコーヒー屋さんhirayaに連れ

て行ったらW.Sの話が出て、やりたい!という声が上がって開催するという事に

なったのでした。

みんなとても上手でした。さすがです。私が一番遅くて下手だった!笑

初めての感想は、渡邊さんはこんなに大変なことをされているんだなぁ・・・と

思いました。でも黙々と木を削る作業はとても楽しかったです。一日中できそう。

さて、私の作品はどれでしょう?

お昼ごはんは、hoshizumiさんはいないので(残念。)各自持ち寄りになりました。

渡邊さんの器にのったウサギがとってもかわいくておいしかったなぁ。

11月のpatisserie le "miel"

11月最後の日。暖かいぽかぽか陽気の中、無事にpatisserie le "miel"を終える

ことができました。10時45分から沢山の方にお並び頂き、本当にありがとう

ございました。

あ!生菓子の写真があんまり無くてごめんなさい。”レモンのショートケーキが

抜群においしかったー!!”といろいろな方からお声を頂きました。^-^

 

mielのけいこさんは先日、私がプライベートでも仲良くさせて頂いている名古屋

のmuguet  de premier mai さんで行われた椿野恵里子さんのワークショップの

おやつ担当で参加しました。

椿野さんにはご存知の通り、毎年カレンダーでお世話になっています。

ツバメ舎以外のお店での初めてのお仕事、とても緊張したと思います。それから

約1週間しか経っていない昨日のmielの日でした。疲れも残っていただろうに、

毎月いつも通りの種類と量のお菓子を作ってきてくれました。優しいばかりでは

ない、けいこさんのプロ根性と意地を見せてもらいました。感服です。

ほんとに、ほんとに、お疲れさまでした。

 

それから。いつもお手伝いをしてくれる、しっかり者の布花作家の詩古ちゃん。

11月もお疲れさまでした。ほんとうに頼りになる!いつもありがとう!!

 

12月は販売ではなく、久々のお茶会を予定しております。

今年最後の営業日がmielのケーキの日になります。いつも支えて下さっている

お客様に喜んで頂けるように準備を進めていきます。どうぞお楽しみに。

 

 

Hiroyuki Watanabe/Workshopのオシラセ

 

 

 12月 ワークショップのお知らせ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

木工作家の渡邊浩幸さんをお迎えして豆皿作りのワークショップを開催します。

渡邊さんのワークショップは、ツバメ舎では3回目。そして、今回はhoshizumiさんに

渡邊さんの器とカトラリーを使って小さなコース料理を提供して頂きます。

 

*hoshizumi

岐阜県多治見市の山のふもとで克さんと千紗子さんご夫婦が営む 野菜が軸の

欧風料理店です。

旬の素材そのものの持ち味や季節の移ろいを大切に、丁寧にお料理に向き合

っているお店です。

なかなか行けないのですが、私はhoshizumiさんの作るお料理が大好きです。

そして、お料理だけでなく暮らしや子育てやいろいろなことを真剣に考えこだわり

大切にしているお2人を尊敬しています。今回そんなhoshizumiさんにお力を貸して

頂けることになりとても嬉しく思っています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

●日時:12/12(水)

●場所:ツバメ舎+l'atelierにて

 

1部 : 10:00〜13:00(定員6名) 満席となりました。

       (お食事時間の目安 11:30〜13:00)

        

2部:14:00〜17:00(定員6名) 満席となりました。

        (お食事時間の目安 15:30〜17:00)

 

●1.2部とも豆皿を作って頂けます。少し大きな豆皿を1枚、または小さな豆皿を2枚

 

●参加費:8500円

 

 ●お料理

menu

・食前のお飲み物

(アルコールorソフトドリンク)

・小さな前菜

・スープ

・パスタ

・メイン(お肉)

・デザート

・食後の温かいお飲み物

 

●お申込み

ご予約は、ブログのコメント欄またはお電話(0533-65-9973)、

メール(info@tsubame-sha.com)にて、本日よりお受け致します。

お名前・お電話番号・メールアドレス、1部か2部かをご記入ください。順に返信させて

頂き、入金確認後 確定とさせて頂きます。(定員になり次第終了。)

では、ご予約お待ちしております。

 

ツバメ舎

 

●2枚目の写真はhoshizumiさんよりお借りしました。

 

 

 

10月のpatisserie le "miel"

お天気にも恵まれて、本当に沢山の方に足をお運び頂き感謝の気持ちでいっぱい

です。ありがとうございました。

このブログやInstagramで”10時45分前から並ばないようにお願いします。”

とお願いさせて頂きましたが、皆さんがそれをちゃんと読んで守って下さって

本当に有難かったです。45分になったと同時にあっという間に列ができて、

”おぉー!素晴らしい!”と、心の中で拍手喝采させて頂きました。

ありがとうございました。

 

昨日は今までで一番早く完売してしまい、せっかく来て下さったのに何も買えず

に帰られる方もいらっしゃって、申し訳ございませんでした。またお待たせする

こともあり、ご迷惑をお掛け致しました。

 

patisserie le "miel"が毎月終わる度に反省することや思うことが多いのですが

お客さまに今後も喜んで頂けるように考えていきたいと思っています。

どうぞ宜しくお願い致します。

 

いつもお手伝いをしてくれる布花作家の詩古ちゃん、eちゃん、そしていつも

全力で取り組んでくれるmielの圭子さん、10月もお疲れさまでした!

ありがとう。