愛知県蒲郡市の緑に囲まれた場所にひっそりと佇むお店です。
8年を節目にお店の名前をツバメ舎からOn me pense 「 オン・ム・パンス」にしました。
<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
古い紙モノ

再び、古い物に戻ります。

ブリュッセルで出会った穴だらけの古い紙。調べてみたら、アントワープ近郊を

走る路面電車の回数券(20回分)だった模様。

”アントウェルペン”(英語でアントワープ)と書いてあります。

何に使いましょう?

 

オランダでは地下鉄にもトラム(路面電車)にもバスにもタリス(日本でいう

新幹線のようなもの)にも乗りました。アムステルダムは公共交通機関が発達

していてとても便利でした。

現代のアムステルダムの路面電車のチケットは、虹色のホログラムがキラキラ

していて、それをピッ!とかざして・・・。何とも味気ないものだったけれど

古い時代のチケットはやはり魅力的です。

 

さて。明日は営業日です。

アトリエではmouさんのWSが13時より開催されます。参加される方はどうぞ

お気を付けていらしてくださいませ。

MAROBAYA/apron

楽しみに首を長くして待ち続けたMAROBAYAのエプロンが届きました。

+MAROBAYA エプロン/白・紺

白は、お取り扱いが始まった時からずっと定期的に入荷していましたがより良い

もの作りの為に、暫くの間注文ができなくなっていました。

そして紺色に関しては、今までは各地で催される展示会に足を運んだ方しか購入

することができませんでした。(ただ一度だけ幸運なことにお店として注文させて

頂けたことがあります。)

それが、これからはずっと紺色も注文できるようになりました。

ポケットがあります。大きなポケットの真ん中が少し縫い付けられました。ちょっと

したことですが、以前より使いやすくなりました。

使い続けるていると、このポケットが少したるんとしてしまったのですが、真ん中が

ちょっと縫い付けられたことでその点が改善されて、見た目もきちんとしてくれる。

ボタンホールが5つあるので紐の長さが調節できます。

拘りのボタン。

 

MAROBAYAのエプロン、白も紺もどちらも好き。白を買われる方はパンやお菓子を

作られる方が多い。小麦粉がついても目立たないですものね。紺色を買われる方は、

どんな方でしょう?男性もカッコいいと思う。

細部までこだわったデザインも良し、そして機能的、そして着け心地も抜群。働き者

のイチオシのエプロンです。

売り切れていた風呂敷も再入荷しました。

 

*明日は営業日です。ぜひ、足をお運びください。

MAICEN / linen waffle towel

MAICENより、人気のリネンワッフルタオルが再入荷しました。

3サイズあります。

+bath towel

バスタオルです。さらりとしていて気持ちがいいので、赤ちゃんや小さいお子さんの

お昼寝のタオルケット代わりにも。

+face towel

+hand towel

ハンカチサイズ。

一度使われた方は皆、とっても気に入ってくださいます。私も同じで、可能だったら

家じゅうのタオルをMAICENのこのタオルにしたい!リネンなので乾くのも速くて

嬉しい限りです。ぜひ一度、手にして頂きたいと思います。

 

MAICENのながっちゃんは、妊娠・出産を経て そろそろ本格的に活動開始なのかな。

子育てをしながらの仕事は思うようにいかなかったり、大変だろうと思います。子ども

ちゃんが寝就いてから、保育園に行っている間、時間を見つけては1枚1枚コツコツと

作ったんだろうな・・・と想像したら、とても尊く有難いものに感じました。

 

明日は営業日です。

そして明日、待ちに待った楽しみにしていた物が届くみたいです!

Rai-Atelier

久しぶりにRai-Atelierのお洋服が届きました。

+リトアニアリネン ノースリーブギャザーシャツ/white・black

+リネン紐を巻く ローブコート/white・black

 

すっかり大人気のRaiさんなので、暫く展示会が中心の制作となり、取扱店への

お届けは少しお休みされていたのですが、再びこうして入荷があってとっても

嬉しく思いました。

一つ一つ染められたタグや釦が入っている小さな袋も変わらず、丁寧なこだわりに

ホッとします。

10月の個展。日程が決定しました。25(金)〜28(月)の4日間です。どうぞ

お楽しみに!

Echoes furniture/ 高杯

1点追加で入荷致しました。

皿の縁、ワイングラスで言う”フット・プレート”(底の部分)が繊細で洗練されて

いて個人的に好きなデザイン。

ちょっとしたことで印象が変わるから、デザインしたり、それをカタチにする人は

難しいだろうなぁ・・・と思います。でもそのちょっとした”繊細さ”というものが

本当に大事だと、こういう仕事をしていてしみじみ感じます。

ぜひ、他の高杯と比べて自分の心にピン!と来たものをお選びください。

少しレイアウトを変えました。

先日、いつも来てくれるMちゃんが私がベルギーで出会った古い封筒を買ってくれ

ました。古い封筒は用途があるので、秘かに人気。とっても嬉しく思います。

Mちゃんの場合は、私が「何に使うの?」と訊くと「庭で採れたラベンダーをリース

にして、この封筒にお手紙を入れて一緒に吊るして、友人に渡したいと思っている

んです。」と教えてくれました。

そうしたら、その写真を送ってくれた!なんて素敵なのでしょう!!

 

オランダやベルギーの蚤の市やアンティークショップで私が紙モノを選んでいると

娘が「それ、何に使うの??」と何回も訊いてきました。笑

常々、想像力ってとっても大事だと思うのです。想像力が豊かであれば、人の立場

に立って思いやることができるから人を傷つけることも少なくなると思いますし、

楽しいイマジネーションを働かせるだけで、日々はもっともっと楽しくなると思う

のです。

残念ながら、我が娘は想像力が乏しいですが(苦笑)Mちゃんは人をハッピーにする

イマジネーションの持ち主だということは間違いありません。

お茶を飲みながらEchoesの加藤くんと少し先の話を。みんないろいろなことを思い、

考えながら前に進んでる。

 

明日は営業日です。

3月の個展の時にオーダーいただいた詩古さんのブローチ、全て出来上がって届いて

おります。お早めに取りに来て頂けたらと思います。

5月のCANOさんの展示の際にオーダーいただいたバッグ(革ポシェットとデイパック

以外)も届いています。どうぞよろしくお願い致します。

古いものいろいろ

本日2回目の更新。

オランダのデルフトで出会った古い額とデルフトタイル。

この細長い額には、3枚のデルフトタイルが貼られて壁に飾られていたそうです。

売ってくれた優しいおじいさんが教えてくれました。

1610年のデルフトタイル。

1670年のデルフトタイル。

どちらもオランダの牧歌的な風景が描かれています。フェルメールの有名な絵画

「デルフトの眺望」。実際にその絵が描かれた場所へ行って、今の景色と比べて

みることができました。

このデルフトタイルに描かれているような風景を、フェルメールも見ていたので

しょうか。それから、

日本からアムステルダム国立美術館に戻って再び会うことができたフェルメールの

「牛乳を注ぐ女」。アムステルダムでは間近でじっくり見れました。この絵の右下

にもデルフトタイルが描かれています。

次は古い封筒。

外国の切手やスタンプは、どうしてこんなに素敵なのでしょう!

お気に入りの封筒に、例えばお気に入りのネックレスをしまったり、思い出の写真

や切手を入れてしまったり、何かを入れて大切な人にプレゼントしたり・・・。

使い方はいろいろ。ぜひ、じっくりとご覧ください。

グラス

まだオランダやベルギーで仕入れた物もちゃんとご紹介できていませんが、古い

グラスが届きました。1900年代初頭頃のもの。

手吹きグラスなので、形や大きさ、表情が少しずつ違います。

気泡がなんだかかわいらしい。

どっしりとした安定感があっていい感じ。

炭酸水やアイスコーヒー、ワイン、ゼリーやアイスを入れても良さそうです。こういう

グラス、なかなか見つかりにくくなっているので探していた方はぜひ。

私は古いグラスをコツコツと集めるのが趣味で、今、同じようなサイズだと11客にも

なっていました。自分が買ったものばかりではなく、私が集めているのを知って、友人

たちが何かの機会にプレゼントしてくれたものが幾つもあります。そうして私のもとに

集まって来てくれたグラスは一つ一つ思い入れがあり、愛着も一入。その時の気分に

よって選んだグラスで飲むワインは格別です。

 

明日は営業日です。明日の午前中に、4月の展示の際にご注文いただいたCANOさんの

バッグ(*デイパックと革のポシェットはもう暫くお待ちください)が届く予定です。

 

 

高杯/Echoes furniture

こんにちは。

昨日は久しぶりの営業でしたが友人たちや常連のお客さまが来て下さって、楽しく

笑ってお喋りしていると”あぁ、オランダから無事に帰ってきたんだなぁ・・・”と

実感して、このいつもの風景がなんだか懐かしく、より有難く思いました。

さて。同じ蒲郡市内で制作されているEchoes furnitureの加藤くんが高杯を持って

来てくれました。

今回はすべてリム無し。なので、ケーキやキッシュがのせやすくてオススメです。

大きさは2サイズで、色は3色。

これ↑は新作で、ウォールナットを柿渋と鉄で染めた色。いい黒です。

脚のデザインも様々なので、お気に入りを見つけてください。

ケーキやスコーン、キッシュ、リースやキャンドル、果物など・・・いろんなもの

をのせてたくさん使って頂けたらと思います。

 

明日もお待ちしております。

 

明日は営業日です。

値付けが終わり、ほぼ準備完了。

アムステルダムで見つけた古い秤。色がとても気に入りました。オブジェとして

飾ってください。

ハーレムで出会った、約100年前に薬局で使われていた軟膏入れ。

ドールハウスで使われていたのでしょうか?木製の小さなケトル。蓋の開け閉めが

ちゃんとできて今回の一番のお気に入り。

これも凡そ100年前のものだそう。同じく薬局で使われていたボトル。ドライフラワー

など飾ってもいいし、そのままでも十分オブジェとして存在感があります。

 

他にもカトラリーや古い封筒や手紙、デッドストックのハンカチなど。

久しぶりの営業です、ぜひ遊びにいらして下さい。

mou/編み小物

編物作家のmouさんより、これからの季節にぴったりの涼しげな編み小物がいろいろ

届きました。

+ネット編みバッグ/グレイ・黒

素材はリネンです。

+コットンバッグ

実はタコ糸でできているのです。荷物がたくさん入りますし、とてもしっかりとして

いて物が入れやすい。

+石鹸入れ

秘かにずっと人気の石鹸入れ。

 

明日は営業日です。その次の営業日は、一気に飛ばして19日となります。詩古さんの

ブローチもたくさん仕上がっています。ぜひ、お休み前に取りにいらして下さい。