愛知県蒲郡市の緑に囲まれた場所にひっそりと佇むお店です。
8年を節目にお店の名前をツバメ舎からOn me pense 「 オン・ム・パンス」にしました。
<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
買付より戻りました。

久しぶりの更新になります。

6/9〜15までオランダとベルギーに行ってきました。

着いて翌日は、アムステルダムにある北教会のマーケットへ。オランダの蚤の市は

初めてでしたが、イタリアとの違いを感じました。イタリアでは全然出会わなかった

紙モノを見つけ、嬉しくなりました。

買付2日目はデルフトと、

デン・ハーグへ。

デルフトでは1600年代のデルフトタイルと額に出会いました。

3日目はベルギーの首都ブリュッセルまで足を延ばしました。が、あいにくの雨。

市は殆ど立ってなくて、置いてある食器には水が溜まりすべてびしょ濡れ。。。

テントの中に入れないんだ・・・、こういう神経の太さはある意味、尊敬します。笑

蚤の市が不発に終わり、古本屋などを巡りました。1軒、3階までぎっしりと古い物が

詰まったお店に行ったのですがオランダと違ってベルギーは全く英語が通じない!汗

古い布を見つけたのでどれくらいの古さなのかを尋ねたのだけど、本当に簡単な英単語

も通じなくて、でもお店の人は一生懸命フランス語で説明してくれるのだけど、お互い

全くわからず顔を見合わせては何度も”ハッ!ハッ!ハッ!”と大笑い。それを何回も

繰り返し、最後はお互い諦めてさよならしました。笑

買えなくて残念だったけれど、いい人だったな。

買付最終日はハーレムへ。アムステルダムから鉄道で約15分。オランダらしい風景が

広がる美しいところでした。

ここでは薬局で使われていたボトルなどに出会いました。

一部を並べてみる。

今回の買付は蚤の市が不発に終わり、数が集められなかったけれど買ってきた物は

1つ1つとても気に入っていて、愛着の湧くものばかりです。水曜の営業日に向けて

準備していきます。

 

実は、今回の買付は娘と一緒に行ってきました。

1人きりのイタリアと違って、今回はとても楽で安心でした。そもそもオランダが

すごく治安がいい。警戒するところが全然なかった。そしてとても優しくて親切で

した。

大きくなった娘と2人で海外に行くのは初めて。”母は1人で海外に行けるんだぞ!、

若い者にはまだまだ負けん!”と思っていたのですが(笑)、オランダ到着後すぐに

自分の中で早々に白旗を上げました。笑

とにかく、スマホの使い方がすごい!私は色んな機能の10%くらいしか使ってない

のだな・・・と思いました。常にwifiを探し、機能を使いこなしてすごいスピードで

調べ解決する。これは、世代格差だな・・・とつくづく思いました。とにかく何かを

見つける(例えば電光掲示板の鉄道の発着時間やホームの番号とか)のが異様に速い!

それから、娘の脳は男性脳らしく、地図を読むのに恐ろしく長けている。え?アムス

テルダム行ったことあるの?くらいに地図が頭に入っていて「次を右、あと2つ信号

渡ったら左。」など、普通に言ってくるのです。何度も「なんでわかるの?」と訊いて

しまいました。私は大体、方向音痴。地図が苦手。

ただ、英語は私よりも話せなくて(ヒアリングはまあまあできる)、だからお互い苦手

な所を補ってスムーズな買付となりました。

いつの間にか、いろんな事が子供に追い越されて寂しいような頼もしいような。

 

でも、誰かと行くのもいいけれど、1人で行くのもやっぱりいい。

1人きりの旅は孤独に耐え、寂しさや不安を乗り越えなければならないけれど、その分

達成感は大きくて、静かに自分やまわりを深く見つめ直すいい機会になるから。

これからも両方行けたら一番いいなと思いました。