愛知県蒲郡市の緑に囲まれた場所にひっそりと佇むお店『ツバメ舎』。くらしに寄り添う雑貨や服を並べています。
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
Business card

布花作家 詩古さんのビジネスカードをデザインさせて頂き

ました。

アンティークが好きな彼女と、その彼女が作る植物の色合いに

合うように少し茶色がかった紙と、サイズは繊細さを表したく

て女性名刺サイズを選びました。

”S”の文字の真ん中に突き抜けるように伸びている植物は麦。

詩古さんのまっすぐで直向きな、私が尊敬しているところと、

これからますます、布花 詩古の作品がたくさんの人に愛され

伸びていくようにという意味を込めました。

布花 詩古、どうぞよろしくお願い致します。

 

*明日は営業日です。

patisserie le " miel ” の名刺

月1回、楽しみに待ってくださっている方も多いと思います。

patisserie le " miel ”。そのmielの名刺を作らせて頂きました。

何度も試作してようやく「これ!」というものが出来ました。

表側の絵は、フランスの古い蜂蜜の本から。昨年、大阪で古い

物の展示があって、その時に見つけた本。表紙には「MIEL」と

書かれてあって、かわいい男の子が蜂蜜を舐めています。見た

瞬間に”この絵を使いたい!”と思い付きました。

patisserie le " miel ”のお菓子の雰囲気にとても似合うと感じ

ました。

裏側にはHPのアドレス等の情報。

彼女が持っている岩田美智子さんの箱にぴったり収まるように

55×55个箸いΕ汽ぅ困砲靴泙靴拭

少し前から試作のカードをお店に置いているのですが、皆さん、

すぐに手に取って見て下さいます。いい感触!

 

これからどのように進んでいくのか、まだ手探りの状態ですが

どうぞpatisserie le " miel ”をよろしくお願い致します。

城さんの花器に庭のスノーホワイトを生けました。そして、今月

のお菓子の日は5/23(水)です。お楽しみに!

parking signs

蒲郡にある岡田住設さん。お店の看板に引き続き、駐車場の看板も

デザインさせて頂きました。

岡田住宅設備

〒443-0059 愛知県蒲郡市本町1番13号 

Tel:0533-69-3417

東の方から来る時の景色。

矢印は、”→”。
iPhoneImage.png

西の方から来る時の景色。矢印は、”←”。

iPhoneImage.png

どちらから来ても、矢印に沿って曲がると、岡田住設さん専用の

駐車スペースに同じ”P-5”と書かれたブリキの看板があります。

そちらに停めて下さいませ。

 

お話を頂いたのは、昨年の夏ぐらい。年末にようやく取付工事が

済みました。岡田住設さんは、私が毎日のように買い物に行く

スーパーへの通り道にあります。お店の前を通るたびについつい

看板を見て、何だか恥ずかしいような嬉しいようなくすぐったい

気持ちになるのでした。

 

私は蒲郡出身ではありません。でも、蒲郡に引っ越してきてから

4月で丸18年になります。ついに、生まれ育った九州にいた年数

に追いついてしまった。。。そんな中で、最近依頼されるお仕事

は(岡田住設さんの看板、丸七住宅さんのショールームのインテ

リアコーディネート等)長年、ここ蒲郡を大切に頑張られている

会社からのお話が多く、なんとなく、私もようやく蒲郡の人に

なってきたのかな・・・そんな気がしています。

 

signboard

今日はやっと庭の草刈を。

涼しいうちに・・・と8時前から始めたのですが、瞬く間に汗だくに

なりました。裏庭の方はクラピアがずいぶんと広がったので、草刈が

楽になりました。さっぱりとした庭は、やっぱり心地良い。

夕方には、ローズゼラニウムや白い千日紅を植えました。ゼラニウム

の香りが大好き。蚊は大嫌いみたいですね。笑

 

さて。少し前に蒲郡市内にある岡田住設さんの看板と外観のデザイン

のちょっとしたアドバイスをさせて頂きました。

*bifore↓

*after↓

”店舗正面の下半分をできるだけお金をかけずに、でも印象が変わる

ようにしたい。”と相談を受けました。あれこれ一緒に考えましたが、

一番コストがかからないようにと考えると、塗り直しがベストでした。

”不要なものを取り外して、白と黒に塗り直したらどう?”とアドバイス

させて頂きました。それだけですが、スッキリとした印象に変わった

のではないかと思います。

そして、看板は昔印刷の時に使われていた?と見られる古い木の道具を

白くペイントして看板に。(↑の写真はウラ側)

(↑オモテ)

デザインという程、デザインなんかしていませんがそれでも変わるから

看板やパッケージやロゴは大事なんだなぁと思います。

 

岡田住設のMちゃんはツバメ舎がオープンした当初から来てくれている

大切な人。相談を受けて、できるだけ力になりたいと思いました。

私はアイディアを与えただけで、Mちゃんやご家族の方ができることは

全て自分たちでされました。それでも、とても喜んで貰えて嬉しかった。

人の役に立てるというのは幸せです。

『岡田住設』さん、何かお困りの方はぜひ。

 

明日は営業日です。久しぶりに辻和の焼網が届きました。
 

shopcard

こんにちは。今日は風も無くて、春らしい陽気です。春休みに入って

お店はのんびり。セヴラックのピアノを聴きながら、ブログを書いて

います。

 

さて。いつも私が通っている美容院Anterieurのショップカードの

デザインのお手伝いをさせて頂きました。ロゴはそのままで、シンプル

だけれど少しインパクトがあるようにエンボス加工にしました。

ロゴの部分には敢えて色は付けず。何事においても”どうだー!!”

みたいなのは好きではありません。Anterieurのオーナーもスタッフも

皆、前に出過ぎず控えめで、周りに対して配慮があって、でもコツコツ

としっかり自分たちのやるべき事を頑張っているところが好きなのだ

けれど、そういう点もこの部分で表現できていたらいいなと思います。

紙のカタチは自分でも何故かわからないけれど、デザインの依頼を

受けた時から細長いヨコナガ!というイメージがありました。

ツバメ舎に来て下さった方には少しずつお渡ししていますが、

いろんな方が「しおりに使えるねー!」と本に挟んでくださって、

これは想定外でした。なんにしても、このショップカードを身近で

愛して頂けたら幸いです。そして、Anterieurは本当にいい美容院

です。美容院ジプシーの方は、そこが終着点になるでしょう。

今回のショップカードも、入稿や印刷会社とのやりとりを永井君に

お手伝いしてもらいました。本当に助かって、有難い限りです。