愛知県蒲郡市の緑に囲まれた場所にひっそりと佇むお店です。
8年を節目にお店の名前をツバメ舎からOn me pense 「 オン・ム・パンス」にしました。
<< May 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
奈良へ

先週の土曜日、ずっとお世話になっている岩田圭介さん・美智子さんご夫妻に

会いに奈良まで足を延ばしました。

桜が残る美しい春の庭を通って、お2人の作品が展示されているギャラリーへ。

ツバメ舎の看板は、3周年の時に美智子さんに作って頂いたものです。

お店をオープンして3年経ったら、ちゃんとした看板を岩田美智子さんに作って

もらおう!と心に決めて、そして念願叶って作ってもらった愛着のある看板です。

美智子さんの作るオブジェは、いつも私の心を鷲掴み。なんでだろうなぁ・・・

と思うけれど、理屈ではない感覚的なもの。ただ単純に美智子さんの作り出す

世界が好きなんだと思います。

そして美智子さんご自身も、私より年齢は上ですがとてもお茶目でキュートで

優しくて・・・大好きです。あんなふうになれたらいいなと思う。

圭介さんの展示もこれまた素晴らしかったです。カップやお茶碗やポットは、

ツバメ舎にも入荷しますが、いろいろな花器をじっくり見ることができたのが

嬉しかった。それぞれの花器にあった花が生けられていて、その姿がとても

美しく、喉から手が出るほど惹かれました。いつか買いたい。

圭介さんは、シャイでダンディーでかっこいい。展示を見た後、圭介さんの器

でお茶をいただくことができ・・・至福の時でした。

今年の11月にツバメ舎のアトリエにて、岩田美智子さんの展示をさせて頂き

ます。あの空間に美智子さんの世界をちゃんと表現できるのか、不安もあり

ますがワクワクしています。まだ少し先ですが、楽しみに待っていてください。

 

そして、まずは20日(土)から始まるCANOのバッグ展。

荷物が届きました!とってもいいです!20日はナオさんも在廊して下さいます。

透明感のあるとても素敵な女性ですので、ぜひ会いにいらして下さい。

MAROBAYAの展示会へ

昨日は早朝に家を出て、一路 松本へ。

tadokorogaroで開催されていたMAROBAYA展の最終日に足を運びました。

tadokorogaroの田所真理子さんにも、MAROBAYAの木村さん・上村さんにも

ずっとお世話になっています。でも、真理子さんにお会いするのは2年半ぶり

くらい、MAROBAYAのお2人にお会いするのはおそらく6年ぶりくらいでした。

 

ツバメ舎を始めてから4月で丸8年が経ちます。

その間、お取り扱いさせて頂いている作家さんや作り手さんにお会いする機会

は住所が遠いほど、実はなかなか無いのです。だから、久しぶりにお会いできて

本当に嬉しかった。先日、アトリエを訪ねたタカハシナオさんもそうだけれど、

ずっと繋がっている方とお互い元気で再会できるのは、何とも嬉しいものです。

MAROBAYAのお2人も変わらずとてもあたたかくお元気そうで謙虚で、でも

作るものは着実に進化していて、嬉しかったり感動したり・・・。

初めて見るMAROBAYAのカシミアのニット。試着させて頂きましたがそれは

それは素晴らしかったです。

スカートもラインが美しくて、ほんとに可愛かった!ずっと大切に着続けたら

フランスのアンティークのスカートのように育つのだろうなぁと思いました。

それにしても、木村さんは相変わらずのスタイルで!!笑

 

tadokorogaroの真理子さんも変わらずとっても気さくで話しやすくて可愛らし

い方でした。真理子さんが描く絵はとても静かだけれど(”りんご”のパッケージ

のイラストなど覚えていらっしゃいますか?)、明るく楽しい方なのですよ。

ポストカードや小冊子などようやく注文させて頂いたので、楽しみにお待ち頂け

たらと思います。

 

暫く入荷がストップしていたMAROBAYAのエプロンも、暖かくなる頃には再び

注文することができそうです。そして、色が白以外も入るかも?!

どうぞお楽しみ。

開店時間より少し早く着いたので、あがたの森を散歩しました。

所々、雪が残っていて嬉しくなって雪だるまを作ってしまった。

 

いろいろな素敵な方に会うと、とても良い刺激になります。

自分はこれからどうなりたいのか、どんなふうに進んでいきたいのか・・・。

 

 

 

Okayama&Hiroshima

本日2回目の更新。

先日、いつもお世話になっているRai-Atelierさんの岡山のアトリエと広島に住む

親友夫婦のパン屋さんBesoinに行ってきました。

以前は姫路にアトリエを構えていたRaiさん。昨年、岡山に新しいアトリエをopen

されました。昨年は息子のことがあり遠出を控えていたので行けなくて、やっと

念願かなってお邪魔することができました。

岡山城が見える、とても静かで落ち着いた場所にRaiさんのアトリエはありました。

愛さんの好きが詰まったそれはそれは素敵なアトリエ。12月のアトリエオープン日

の為に作られたお洋服が並んで、喉から手が出るほど連れて帰りたかったです。笑

来年10月にツバメ舎で開催予定の展示会の打ち合わせもしてきました。私自身、今

から楽しみでなりません。どうぞどうぞお楽しみに!

そして、岡山から広島へ。開店祝いに行った時以来のBesoinでした。ピカピカだった

店内がいい感じに落ち着いて、古い家具と馴染んでいました。

優しい2人らしく、イートインスペースにはちいさい子とお母さんが楽しめるように

絵本が置いてありました。オープンして2年、2人の子供のように大切にお店を育てて

いる様子を見ることができて嬉しかったです。パン屋さんは朝が早いし、体力的にも

とても大変な仕事だけれど、どうかいつまでも2人元気でおいしいパンを作り続けて

欲しいと思います。

 

愛知へ戻る日、親友の家で半日スッピンでパジャマでお茶飲んで喋ってまたお茶飲んで

・・・という繰り返しの私たち。笑

せっかく来たからどこかへ出かけよう!とか全然ありません。ただ、一緒にのんびり

過ごせたら幸せ。気取らずにこういう楽な過ごし方ができる友がいるというのは有難い

です。

お別れの時はやっぱりウルッとしてしまうけれど、また会う約束をして駅でさよなら

しました。笑うとえくぼができる彼女の笑顔はとてもかわいいと再確認しました。

 

 

6/27・28

大阪へ行ってきました。

iPhoneImage.png

タブリエ、ジレ、真っ白いカフェオレボウル、ワイングラス、

キュノワール、それからソケットがいい風合いになったブラス

のライトがたくさん。いい出会いがありました。

近々、入荷予定です。どうぞお楽しみに。

それから、アクセサリーもいろいろ注文してきました。

こちらはこれから制作となるので、届くのは7月中。ちょうど

暑くなってアクセサリーが似合う季節になると思います。

キャンディのネックレスはシンプルなTシャツにさらっと

着けるととてもいい。実際に着けてみると、全然可愛らしすぎ

ないのです。半袖やノースリーブを着ると手首にブレスレット

が女性らしくて素敵。髪を短くしたり、結んだり・・・耳朶に

揺れるピアスがかわいい。

女性はやっぱり身に着けるものが好きです。

 

大阪では広島に行ってしまった親友にも会うことができました。

大阪は2人にとって中間地点(実際は、中間ではありませんが)

で、以前も大阪で待ち合わせして会ったことがあります。

お互いの近況報告をし、お互い観たり読んだりした映画や本や

テレビの話、もちろんいろいろな愚痴も(笑)、たくさん話して

笑って食べて、楽しかった。

さよならする時は、2人ともいつも涙が出てしまいます。

大体いつも私が彼女を見送ることが多い。背中が見えなくなる

まで手を振りながら見送って、今度はいつ会えるだろうか・・・

と、実家からさらに遠くなった慣れない土地で、どうか彼女が

元気で明るく心穏やかに過ごせますように・・・と願いながら。

 

 



 

東京へ

先週の金曜日より、東京へ行って参りました。
まずはずっとお世話になっている木工作家 渡邊浩幸さんの

工房へ。硝子戸の向こう側が作業場、机と椅子があるスペース

は金継ぎ教室が行われている場所です。

天井からは渡邊さん作、木のランプシェードがたくさん吊るさ

れていて、温かみのある光がとてもきれいでした。
iPhoneImage.png 

12月のWSについて話を詰めました。日程は12月12日(水)。

諸事情により1日2部制となりました。1回目は豆皿、2回目は

レンゲを作ります。渡邊さんの器で食べるごはんと軽食付き。

お料理を作ってくださる方も既に決定しています。

まだ先の話ですがきっとあっという間にやってくるのでしょう!

どうぞ楽しみにお待ちください。

 

渡邊さんの作品が生まれるところは、作業しやすいようにいい

感じに整理され、道具などが壁に掛けられていて(見せる収納

ですね!)、それがオブジェの様でとてもカッコ良かった。

いろいろな作家さんの工房やアトリエにお邪魔させて頂く機会

がありますが、仕事場を見るとそれぞれその人がどのような人

なのか、なんとなくわかるような気がします。

共通しているのは空間全体がアートな感じがすること。やはり

皆さん、芸術家なのだなと思います。

 

その後、気になっている作家さんの展示を見に。

こういうこと、暫くできてなかったので良かった。まずは自分で

使ってみます。

そして、昨年インテリアのお仕事で携わった友人の家にも行く

ことができました。リノベーションが済み、引っ越してから初!

すっかり彼女らしい空間になっていました。

テレビボードはechoes furnitureの加藤くん作。インテリアに

馴染んで、収納力も抜群、友人もとても気に入っているようで、

良かった。

息子の家に泊まったり、友人の家に泊まらせてもらったり、嬉しい

出張でした。

2か月ぶりに会う息子、元気にやっているみたいでひと安心。

冷蔵庫を開けると得体の知れない物体が出てきたりもしましたが(笑)

朝、お味噌汁を作ったらとても喜んでくれました。そんなことが

妙に嬉しかったりして。。。

 

写真は鎌倉文学館。とても良い空気が流れている場所でした。

 

 

『mousse』展示受注会

こんばんは。昨夜遅く、熊本より戻りました。

お天気にも恵まれて、とてもいい時間を過ごすことができました。

泰勝寺。素晴らしい場所でした。

アカリさんと再会できたことがとても嬉しかった。相変わらず

魅力的な女性です。

iPhoneImage.png

iPhoneImage.png
iPhoneImage.png
どれも素敵で選ぶのが難しかったけれど・・・

ww pantsのリネン(紺)、ワンピース(紺)、m-skirt(黒)、

新作のエプロン、羽織(濃紺)など注文してきました。入荷は来年

以降になる予定です。

まだまだ先ですが、どうぞ楽しみに待っていて下さい。

 

mousse コウバタアカリさんの作るお洋服は本当に素晴らしいと

改めて思いました。バレエをずっと続けて来られて、バレエの衣装

も手掛けていらっしゃるので、とにかく動いた時のシルエットや

ラインがとても美しい。デコルテがきれいに見えるように計算され

た絶妙な開き。凛とした軽やかさ。それらを叶える為の涙ぐましい

生地探し。毎日毎日、色々なお洋服を見たり触ったりして、勉強を

続けられているそうです。

人を感動させる物を作る人は、やっぱり凄い努力をしているのです。

 

今回の熊本出張では、様々なことを考えさせられました。

書きたいことはたくさんあるのだけれど、長くなりそうなのでまた

追々。

 

*明日は営業日です。echoesfurnitureからトレー、コンポート等

初入荷です。ぜひ、見にいらして下さい。

熊本へ

明日から行って参ります。

熊本は泰勝寺にて、長年お世話になっているmousseのお洋服の

展示会が開催されるのです。ツバメ舎でmousseのww pants、

m-skirtを買って穿いて下さっている方がたくさんいらっしゃい

ます。

大好きなmousseのお洋服。久しぶりにアカリさんにお会いでき

るのもとても嬉しく楽しみです。

新作のエプロンやバッグもあるみたい。沢山注文してきます!

*10日(日)までお問い合わせなどのお返事が出来ませんので、

どうぞよろしくお願い致します。

*chiclin展でスカートのお直しとコートのお直しをご依頼された

お客様、本日届きました。大変お待たせいたしました。ご都合の

よろしい時に取りにいらして下さい。

 

では、行って来ます!

to the west

昨日は仕入の為、西へ。

とてもいい物に出会えました。アンティークのチュニックやカトラリー、

サビサビのかご、北フランスの片田舎のお店で使われていた染料の瓶

など。それから、アクセサリーもいろいろ注文してきました。

 

チュニックに関しては、サイズが少し大きくてしっかりとしたリネンで

どっしりと重たい物が多いのですが、入荷するチュニックはどれも薄手

だから軽くて、1年中着れそうなものばかり。サイズ感もデザインも◎で

状態がかなりいい。

 

カトラリーもたくさん仕入ました。デザートスプーン、デザートフォーク、

ディナースプーン、ディナーフォク。全部揃いのデザインで、とても

きれいです。ここまできれいなアンティークのカトラリーはなかなか

揃わないと思います。

 

アクセサリーはいつもピアスばかりでしたが、イヤリングもほぼ同じ数

だけ入荷します。他にもネックレスやリング、ブレスレットも。どれも

アンティークのパーツを使って作られたものなので存在感があります。

特別な刺繍が施された1枚。届くのがとても楽しみです。

 

仕事が早く終わったので、久しぶりに百貨店へ。大阪の百貨店に行くと

時々来ていた(娘が小さかった頃は大阪に住んでいたので)ことを懐か

しく思い出します。紳士雑貨が揃ったフロアで父の日のプレゼントを

選びました。81歳を過ぎてもネクタイを締めてスーツを着て頑張って

いる父に、ネクタイを。それから、地下に降りて母と一緒に食べれる

ように2人が大好きな和菓子を買いました。

暑かったけれど風があったので爽やかに感じられた、いい1日でした。

関西のお店の接客も心地良かった。

明日は父の日。良い一日をお過ごしください。

 

 

 

 

Hiroshima

ペンキ塗りのお手伝いから戻りました。

朝早く出て、10時過ぎには広島へ到着。広島駅から親友のお店まで

1人で歩いて行ってみたくてお迎えを辞退しました。天気が良くて

歩いていると汗がじんわり出てきました。

川沿いの小さな公園の木々が色づいていて、楽しそうな修学旅行生

の子供たちと擦れ違う・・・広島はとてもいいところです。

徒歩約20分。人通りの多い、生活に便利な場所にもうすぐ完成する

お店はあります。

 

今回の私の目的は、塗装のお手伝い。着いてすぐに養生から始めて

ヤスリかけ、下地塗り、本塗装。ずっと頭と腕を上げて作業の、天井

塗装は首がどうにかなりそうでした。

作業する3人は全員40代。合計135歳!!(笑)

根気よく探した古いドア。

1つ1つ選んだドアノブや鍵穴なども少しずつ付いていました。

 

親友と共に様々な苦労を超えて、ここまで形になったことが嬉しく、

感慨深い思いでした。

それでも1つの通過点です。まだまだここから。

iPhoneImage.png

オープンのDMも完成しました。(*日にちは未確定。)

ツバメ舎にも置いてあります。ご興味のある方はぜひ。

 

*次回の営業日は11/3、文化の日です。少し間が空いてしまいご迷惑を

お掛けしますが、どうぞよろしくお願い致します。

 

 

 

1日広島、2日大阪、3日松本

行って来ました。

1日は広島に、パン屋さん「Besoin」の内装の打ち合わせ。

まだまだ、ここから。という感じです。やるべきことがより明確に

なってきました。お店をする人、デザインする人、施工する人、それ

ぞれが歩み寄らなければできないと改めて思いました。

どうぞうまくいきますように!!

 

2日は大阪へ、古い物をたくさん仕入れてきました。

感じのいいワイングラス、ペンダントライト、状態のいい白いシーツ

・・・etc。どうぞお楽しみに。

 

3日は松本へ、渡辺珠美さんの展示会に行って来ました。

iPhoneImage.png

iPhoneImage.png

ツバメ舎としてはいつものような色のものを注文してきたのですが

珠美さんの染める明るい色はとてもきれい。白髪になったら、上の

ような美しいピンクのストールを白いシャツとグレーのパンツに

合わせたら素敵だろうなと思います。

珠美さんとも久しぶりにお会いできて嬉しかったです。

年齢も近いので、話題はやはり体力やお互いの今後の仕事のスタンス

について。同じような思いを抱えていて、こうして顔を合わせて話を

することはとても励みになりました。

 

ブログにまだ更新できていませんが、市場かご、raiさんのシャツ、

そして今週中には届くであろう古い物と珠美さんのお洋服。

商品が充実してきました。ぜひ、遊びにいらして下さい。

+オマケ

なかなかハードだった3日間。とにかく重い荷物を持ってよく歩いた

なぁと思います。節約!と思うので、タクシーとか絶対乗らない派。笑

でも、こういうことは体力的にあと何年できるだろうか・・・と思い

ました。

出張の間のお昼ご飯は、サラリーマンのおじ様達に交じって蕎麦屋さん

でサッと食べたり。夜ごはんは立ち飲み屋で700円くらい。

自分には合っているな、と思います。笑

 

出張に行って仕事が終わり時間があると、そういう時にしかなかなか

会えない人とできる限り会いたいと思います。大阪ではLE PRIEURE

という美味しいワインと軽食のお店のオーナーさんと、私が大阪時代に

一番お世話になった7歳年上のお姉さんのような友人に会いました。

ル・プリューさんは私より随分と若いけれど、しっかりと自分の考えを

持ってお店をされている方。考え方や感じ方が似ているところがあって

お店を続けていく上での葛藤や気持ちを共有することができます。

 

友人は、何年振りだろうか・・・。大阪駅の改札で待ち合わせをして

私が先に見つけて声を掛けたら、私の顔を見るなり彼女は泣きだして

しまいました。私がまだ20代半ばで、親きょうだいも近くにおらず一番

子育てで辛かったり心細かった時に、たくさん助けてもらいました。

遠く離れてしまったけれど、このブログをずーっと読み続けてくれていた

そうで「え?そんなこと書いたっけ?」と私自身が忘れていたようなこと

もよく知っていて恥ずかしいくらいでした。

話が尽きなくて、別れが惜しかったけれど、帰りは私を心配して少し遠い

駅まで見送ってくれた彼女。何年経っても優しくてきれいで私のお姉さん

のような友人。

本当に嬉しかったです。

 

出張は、仕事は当たり前ですが、移動中や行った場所で良い出会い(人

だけでなく、物もそう。入ったお店に置いてあった本とかも含めて。)

や、会いたい人に会えるなど自分にとって実りが多い。有難いことです。

充実した3日間でした。それを少しでもいろんな形でお店とお客さまに

反映できたらいいなと思います。